演劇

鳥の演劇祭2参加作品

老貴婦人の訪問

The Visit

鳥の劇場

鳥の劇場(鳥取県)

2009/09/13 (日) ~ 2009/09/20 (日) 公演終了

上演時間:

【演劇祭ディレクターより】
06年に初演した鳥の劇場の代表作です。配役を替えてリフレッシュしての久しぶりの上演です。漫画のように突飛でおもしろい設定の中で、人間がどのように生きるべきかについて、究極の選択が迫られます。その選択は、舞台上の人々への問いであり、劇場を囲む社会への問いでもあります...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/13 (日) ~ 2009/09/20 (日)
劇場 鳥の劇場
出演 鳥の劇場
脚本 F.デュレンマット
演出 中島諒人
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】
料金:大人/2,500円 中高生/500円 小学生/無料(未就学児入場不可)
サイト

http://www.birdtheatre.org/engekisai/kifujin.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【演劇祭ディレクターより】
06年に初演した鳥の劇場の代表作です。配役を替えてリフレッシュしての久しぶりの上演です。漫画のように突飛でおもしろい設定の中で、人間がどのように生きるべきかについて、究極の選択が迫られます。その選択は、舞台上の人々への問いであり、劇場を囲む社会への問いでもあります。二十人を超える登場人物を六人の俳優で演じ、場面が次々に変わります。舞台表現の魅力にあふれた作品です。

【あらすじ】
世界一の富豪となった老婦人が、今は寂れてしまった故郷に戻ってくる。貧困に苦しむ民衆に対し、婦人は、資金提供と引き換えにかつて自分を捨てた恋人を殺すことを迫る。「正義」という旗印のもと人々はお金の圧倒的な力に屈していく。

【鳥の劇場について】
鳥の劇場は鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった学校と幼稚園を劇場に改造して、演劇活動、劇場運営を行う民間の芸術団体。鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり、場の名前でもある。創作活動を中心にすえて県外や海外でも上演をする一方、招聘事業や教育普及事業も併行させ、「公共の場」としての劇場の姿を模索している。

【鳥の演劇祭2について】
鳥取発の新しいかたちの演劇祭です。
国内外の魅力的な舞台作品をまん中において、
遠くの人や近くの人、地域の自然や文化もつなぎます。
上質であたたかい「祭」の時間の中で、からだいっぱいに楽しみながら、
私たちの未来をもっと豊かにするために必要なものは何か、
ぼんやりじっくり考えてもらえる場になればと思います。
演劇好きの人も、そうでない人も、ぜひお越しください。
その他注意事項 13日(日)17:00・18日(金)19:30・20日(日)17:00の回上演後に演出家によるアフタートークがあります
スタッフ 作:F. デュレンマット
演出:中島諒人

[情報提供] 2009/08/17 10:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/08/17 10:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大