演劇

第20項

東京裁判

パラドックス定数

pit北/区域(東京都)

2009/11/13 (金) ~ 2009/11/23 (月) 公演終了

上演時間:

おそらくあと一時間もすれば、
此処は傍聴人で溢れ返るだろう。
煌々と照らされたその広い空間の片隅に、
彼等五人の席がある。

弁護団主任弁護人。

「人類の知る最重刑」
を求刑する検察団を相手に、
彼等は真っ向から勝負を挑む。

個人の尊厳を懸けた、言葉の戦い。

1...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/13 (金) ~ 2009/11/23 (月)
劇場 pit北/区域
出演 植村宏司、十枝大介、西原誠吾、井内勇希、小野ゆたか
脚本 野木萌葱
演出 野木萌葱
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】2009/10/13
サイト

http://www.pdx-c.com/html/information.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 おそらくあと一時間もすれば、
此処は傍聴人で溢れ返るだろう。
煌々と照らされたその広い空間の片隅に、
彼等五人の席がある。

弁護団主任弁護人。

「人類の知る最重刑」
を求刑する検察団を相手に、
彼等は真っ向から勝負を挑む。

個人の尊厳を懸けた、言葉の戦い。

1946年東京、市ヶ谷。
極東国際軍事裁判所本法廷。

祭りの落とし前をつけるべく、
世紀の裁判が開廷する。

****************************
<パラドックス定数よりお知らせ>
ワークショップオーディション、参加者募集

下記公演の出演者を募集するワークショップオーディションを
開催いたします。

2010年6月25日(金)~7月4日(日)
パラドックス定数+三鷹市芸術文化センターpresents
太宰治作品をモチーフにした演劇 第七回
@三鷹市芸術文化センター 星のホール

日時
1月16(土)/ 17(日)
応募用紙は東京裁判の公演で配布される当日パンフレットに折り込まれます。たくさんのご応募をお待ちしております

(公式サイトより)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/08/05 23:54 by mk

[最終更新] 2011/07/12 19:57 by mk

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大