演劇

and so on #01

memory

演劇ユニットand so on

ブディストホール(東京都)

2009/09/09 (水) ~ 2009/09/13 (日) 公演終了

上演時間:

and so on #01「memory」
母親の通夜の晩。遺品の中に見つけた母の日記。
そこには息子の知らなかった若き日の母の思い出が綴られていた。
1975年 東京 3億円事件はついに時効を迎え、新幹線は博多まで開通し、伝説のロックバンド「キャロル」は解散、巨人は球団創設以来初の最下...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/09 (水) ~ 2009/09/13 (日)
劇場 ブディストホール
出演 西舘さをり、後藤英樹(劇団そとばこまち)、船戸慎士(StudioLife)、川畑博稔(北区つかこうへい劇団)、程嶋しづマ、南口奈々絵(劇団ショーマ)、岸哲生(KUSARE芸道R)、一木美名子(大沢事務所)、蜂須賀智隆
脚本 蜂須賀智隆、石井宏明
演出 蜂須賀智隆
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2009/05/17
前売り3500円 当日3800円
日時指定・全席自由
サイト

http://andsoon.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 and so on #01「memory」
母親の通夜の晩。遺品の中に見つけた母の日記。
そこには息子の知らなかった若き日の母の思い出が綴られていた。
1975年 東京 3億円事件はついに時効を迎え、新幹線は博多まで開通し、伝説のロックバンド「キャロル」は解散、巨人は球団創設以来初の最下位に転落し、児玉清はアタック25の司会を始めた。そんな1975年、都内のあちらこちらには下宿屋が存在し、大勢の若者達が暮らしていた。
「松竹梅荘」という名前だけはめでたい下宿屋。そこに急遽祖母の代わりに管理人を任されることになった美結。ほんの数日間のはずだったのだが・・・。
松竹梅荘の無駄に個性の強い6人の住人とそこに出入りする人達。一難去ってまた一難。慌しく騒がしくもどこか温かみのある一つ屋根の下の物語・
その他注意事項
スタッフ 演出・脚色 蜂須賀智隆
原作     石井宏明
舞台監督  吉田慎一(Y's factory)
照明     吉田雅史(アイコニクス)
音響     井出”PON”三知夫(La Sens)
振付     内田美典
宣伝美術  平井辰夫
Web製作  Tomoe International
制作     増谷麻由(DMF)
撮影     疾駆猿
企画・製作 and so on

[情報提供] 2009/08/03 23:25 by すいみぃ。

[最終更新] 2009/10/11 15:53 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

La Sens

La Sens(0)

音響です。よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大