演劇

兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場

うそツキ、大好き、かぐや姫

兵庫県立ピッコロ劇団

ピッコロシアター (兵庫県)

2009/08/08 (土) ~ 2009/08/09 (日) 公演終了

上演時間:

マコトは小学五年生。『竹取物語』のお話が好きな男の子だ。
そんな彼の部屋へ、かわいい着物姿の女の子が現れた。
「まさか…かぐや姫!?」
「そう! でもツキはツキでも、うそツキからやってきたの!」
わたしの国ではいま、
悪いうそがあふれかえり困っている。
うそツキの国を救うために力を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/08 (土) ~ 2009/08/09 (日)
劇場 ピッコロシアター
出演 安達朋子、木全晶子、亀井妙子、森万紀、吉江麻樹、杏華、今井佐知子、森好文、原竹志、吉村祐樹、山田裕、今仲ひろし、橘義
脚本 俵万智
演出 平井久美子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,700円
【発売日】2009/06/05
自由席
<前売>こども1500円/おとな2500円/セット券3300円
<当日>こども1700円/おとな2700円/セット券3700円
サイト

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 マコトは小学五年生。『竹取物語』のお話が好きな男の子だ。
そんな彼の部屋へ、かわいい着物姿の女の子が現れた。
「まさか…かぐや姫!?」
「そう! でもツキはツキでも、うそツキからやってきたの!」
わたしの国ではいま、
悪いうそがあふれかえり困っている。
うそツキの国を救うために力をかしてほしい
――そう頼まれたマコトは、
姫の言う『うそのまこととまことのうそ』という
なぞのことばを頼りに、楽しいうそでいっぱいの
遊園地へと姫を連れていく。
ひょんなことから、
お見合いデートをする大人たちといっしょになったふたりは、
とあるショーに巻き込まれて…。

日本の最古の物語といわれ
広く知られている「竹取物語」を題材に
歌人・俵万智がピッコロ劇団のために書き下ろす
“オリジナルかぐや姫”
大人も子どももご一緒に
歌と踊りとお芝居と 三拍子揃ったピッコロ劇団ファミリー劇場へ!

大人もワクワク 子どももドキドキ
とびっきりチャーミングな“かぐや姫”に
出会える………かも…かも?

その他注意事項 冬休み公演有り。

12月26日(土)15時/27日(日)11時15時
兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール
スタッフ 振付=森田守恒  
美術=加藤登美子  
照明=西川佳孝(ハートス) 
音楽=橋本 剛  
音響=アラン・ヌーボー  
歌唱指導=松岡理美
衣裳=亀井妙子  
舞台監督=宮田重雄  
演出助手=眞山直則  
制作=田房加代・横尾慎二  

[情報提供] 2009/07/26 19:48 by てのり

[最終更新] 2009/07/26 20:20 by てのり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大