演劇

無名塾 能登演劇堂ロングラン公演

マクベス

無名塾

能登演劇堂(石川県)

2009/09/18 (金) ~ 2009/11/15 (日) 公演終了

上演時間:

【マクベスに思う】

 2009年秋、能登演劇堂で50日間のロングラン公演を行うこととなりました。
 これまでも、全国各地を旅しながら能登では30日間のロングラン公演という形態はありましたが、今回の二ヶ月近い50日間というのは初めてであり、しかも、日本全国で能登演劇堂のみの公演です。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/18 (金) ~ 2009/11/15 (日)
劇場 能登演劇堂
出演 仲代達矢、若村麻由美、野崎海太郎、松崎謙二、赤羽秀之、中山研、平井真軌、森岡弘一郎、本郷弦、鎌倉太郎、川村進、村上新悟、渡辺梓、山本雅子、長尾奈奈、渡部晶子
脚本 隆巴
演出 林清人
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 8,000円
【発売日】
【全席指定、前売り料金】A席7,500円 B席6,500円
【高校生以下】A席5,500円 B席4,500円 ※当日券は500円増し
サイト

http://www.mumeijuku.net/kouen.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【マクベスに思う】

 2009年秋、能登演劇堂で50日間のロングラン公演を行うこととなりました。
 これまでも、全国各地を旅しながら能登では30日間のロングラン公演という形態はありましたが、今回の二ヶ月近い50日間というのは初めてであり、しかも、日本全国で能登演劇堂のみの公演です。
 その演目には、シェイクスピアの古典「マクベス」を選びました。
 演劇堂の野外背景のもと、実際の馬を登場させ、ラストの森が動くシーンは自然を借景として取り入れたこの劇場ならではのものとなるでしょう。
 そもそもこの作品は1995年、能登演劇堂の柿落としとしても候補にあがった演目でした。諸事情があって柿落としは若村麻由美共演の「ソルネス」となりましたが、その当時からマクベス夫人には若村麻由美をと今は亡き演出家の隆巴とともに、心ひそかに決めていました。
 その念願が叶っての今回の公演となります。これまで、150名近くの若者達が、無名塾の門を通り過ぎて行きました。今は、様々なところで活動の場を広げている彼らも、塾育ちの一員であることに変わりはありません。
 若村麻由美もそのひとりですが、同じ稽古場の飯を食った仲間として、そうした彼ら彼女らと新しい芝居の座組を作って行くことも、向後の無名塾の重要な試みです。

仲 代 達 矢
その他注意事項
スタッフ 作:W.シェイクスピア
訳:小田島 雄志
上演台本:隆 巴
演出:林 清人

[情報提供] 2009/07/25 19:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/11/12 16:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大