演劇

劇団MUSA アトリエ公演

【蟻の街のマリア】再公演

~北原怜子の一生~

劇団Musa 

赤坂区民センター 区民ホール(東京都)

2009/08/19 (水) ~ 2009/08/20 (木) 公演終了

上演時間:

********************************************************************************
なんと!6月の公演が全国のカトリック新聞に掲載されました!2009/7/5
反響も大きく、多くの方のご要望により再公演させていた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/19 (水) ~ 2009/08/20 (木)
劇場 赤坂区民センター 区民ホール
出演 雨宮徹、星奈ひとみ、竹中晋一、上村響子、朝倉みず希、三宅一生、新井慎也、花井寛明
脚本 武藤数顕
演出 武藤数顕
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2009/07/20
前売り、当日共に2000円 全席自由
サイト

http://mu-sa2008.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/musa-e42a.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ********************************************************************************
なんと!6月の公演が全国のカトリック新聞に掲載されました!2009/7/5
反響も大きく、多くの方のご要望により再公演させていただく事になりました。
ありがとうございます!
********************************************************************************

◆あらすじ◆
戦後の焼け野原から復興を目指した日本。隅田川の言問橋のほとりに、蟻の街はありました。家を焼き出された者や帰る場所を失った者、そんな人々が肩を寄せ合いひっそりと暮らしていた。鉄屑を拾い集めては売りに行き、日々の糧を得ていた。人々は彼らをバタヤと呼び蔑んだ。東京都は彼らが川沿いに建てた廃材の小屋を不法占拠とみなし、追い出そうとしていた。そんな街に北原怜子はやってきた。キリストの教えを信じ日々の希望と喜びを分かち合うために。しかし、差別され、蔑まれていた蟻の街の住人はお金持ちのお嬢様の気まぐれと怜子の想いを受け入れなかった。そんな折り怜子は結核を患ってしまう。病症の怜子は、蟻の街の人の心を豊かにするために何をすべきか苦悩する。怜子は蟻の街に移り住み、自ら鉄屑拾いを始め・・・
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ

[情報提供] 2009/07/09 10:12 by ひとみ

[最終更新] 2009/07/15 09:18 by ひとみ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

中村 祥

中村 祥(2)

急遽代表の雨宮君に誘われ出演する事になりました。よろし...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大