弾丸MAMAER

あうるすぽっと(東京都)

2009/07/23 (木) ~ 2009/07/27 (月) 公演終了

上演時間:

長年住んだ長屋住宅から介護施設へ移ることになった、ある年老いた男。引っ越し当日に見つけられたノート、それは死別した妻が遺した苦悩と苦闘の記録だった。辿るは40年前、二人で生きた激動昭和。日本が元気を取り戻した高度成長期の裏側で、破滅に向かっていった夫婦生活の断面。悲痛のページをめくった時、男は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/23 (木) ~ 2009/07/27 (月)
劇場 あうるすぽっと
出演 山口晶由、中村哲人、小林広実、田仲晶、河合伸之、安藤純、染谷恵子、川崎清美、木村慎一、瀬川新一、沢樹くるみ(junction)、坂田久美子(J.CLIP)、土田卓、大曽根徹、丹羽隆博(劇団バッコスの祭)、宮下千恵、猿山のぼる(さるしげろっく)、市川草太、田村理絵
脚本 竹重洋平
演出 竹重洋平
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】2009/05/23
全席指定
○一般 前売 4,000円/当日 4,500円
○学生 3,500円(劇団扱いのみ・要学生証提示)
○平日昼 3,700円
○リピーター 3,000円(劇団扱いのみ)
サイト

http://www.owlspot.jp/performance/090723.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 長年住んだ長屋住宅から介護施設へ移ることになった、ある年老いた男。引っ越し当日に見つけられたノート、それは死別した妻が遺した苦悩と苦闘の記録だった。辿るは40年前、二人で生きた激動昭和。日本が元気を取り戻した高度成長期の裏側で、破滅に向かっていった夫婦生活の断面。悲痛のページをめくった時、男は、妻の本当の顔を知る―
しゃかりきに生きた男と女、ふたつの魂
孤独から聞こえてくる、怒濤の人間ドラマ

2006年に上演された人気作『からっぽう』が3年の時を経て、遂に再演することになった。衝撃的な展開に喜劇の要素は皆無に等しく、シリアス且つ骨太な世界観に、多くの人が涙した。弾丸MAMAERが得意とする「悲喜劇」の原点ともいえる作品である。
何かを失ってしまった時代・平成。
何かを忘れてしまったひとりの男。
そんな<現在>と激動の<昭和>を一冊の随筆をもとに行き来する時、本当に大切なものが見えてくる。
平成の軟弱な男女に主宰・竹重が真正面からメスを入れる!
灼熱のあうるすぽっとに投下されるは、真の夫婦愛か、それとも―
その他注意事項
スタッフ 作・演出:竹重洋平
出演:山口晶由・中村哲人・小林広実・田仲晶・河合伸之・安藤純・染谷恵子・川崎清美・木村慎一
瀬川新一・沢樹くるみ(junction)・坂田久美子(J.CLIP)・土田卓・大曽根徹
丹羽隆博(劇団バッコスの祭)・宮下千恵・猿山のぼる(さるしげろっく)・市川草太・田村理絵

[情報提供] 2009/06/24 16:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/11/14 00:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大