演劇

さよなら江古田ストアハウス

箱 〜The last tour in 江古田

ストアハウスカンパニー

江古田ストアハウス(東京都)

2009/07/22 (水) ~ 2009/07/26 (日) 公演終了

上演時間:

「箱」は、箱が、動き続ける芝居です。
そうはいっても、舞台の中に、何らかの仕掛けが施されているわけではありません。
舞台に登場するいわゆる俳優とか、パフォーマーと呼ばれる人々が、箱を動かし続けます。つまりは人海戦術です。
舞台の上には、幅90cm、高さ30cm、奥行き30cmの、20個の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/22 (水) ~ 2009/07/26 (日)
劇場 江古田ストアハウス
出演 真篠剛、茂木夏子、谷村総一、鈴木平人、盛岡大地、林正子、高野夏美
脚本
演出 木村真悟
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,000円
【発売日】2009/06/08
前売:3500円 当日:4000円
サイト

http://www.storehouse.ne.jp/lineup/gekidan/company0907.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「箱」は、箱が、動き続ける芝居です。
そうはいっても、舞台の中に、何らかの仕掛けが施されているわけではありません。
舞台に登場するいわゆる俳優とか、パフォーマーと呼ばれる人々が、箱を動かし続けます。つまりは人海戦術です。
舞台の上には、幅90cm、高さ30cm、奥行き30cmの、20個の木製の箱が置かれています。
箱の大きさや材質や個数には、ほとんど意味がありません。
現在50歳の演出の木村氏によると、箱は、氏の郷里である青森で、子供の頃よく見かけたりんご箱に似せたという話があることはあるのですが、彼らにとってはそんなことはどうでもいい話です。
彼らは他人の記憶や歴史にはほとんど興味がありません。
彼らは、目の前にある、箱を動かします。
彼らは、箱を運び続けます。
彼らによって動かされ、運ばれるたびごとに、「箱」は、「壁」や、「道」や、「穴」や、「門」になります。
もちろん彼らは、「箱」は「箱」であり、けっして「壁」や、「道」や、「穴」や、「門」でないことは知っています。
箱を動かし、運び続ける彼らの姿は、いわゆる俳優とかパフォーマーではなく、まるで労働者のようです。

彼らは「箱」を動かします。
彼らは「箱」を運び続けます。
そして、「箱」は、動き続けます。

------------------------------------------------------

7月26日(日)16:30~
ポストパフォーマンストークあり

『江古田ストアハウスの25年』
西堂行人・木村真悟 ほか
その他注意事項
スタッフ 構成・演出:木村真悟
出演:真篠剛/茂木夏子/谷村総一
鈴木平人/盛岡大地/林正子/高野夏美  ほか

[情報提供] 2009/06/24 13:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/12/05 17:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大