演劇

トリコ劇場

シアターブラッツ(東京都)

2006/01/19 (木) ~ 2006/01/22 (日) 公演終了

上演時間:

一年中桜の咲く街。四六時中、街は花霞の中。
ここでは降り積もる桜の花びらが、住民にとって重大な公害になっていた。
桜の花びら除去会社の従業員、笹木伊里は幻を見る病に冒される。
伊里にしか見えない少女、仮名は事あるごとに伊里を悩ませる。
そんな中、伊里の勤める会社の取引先に新人が雇われる...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/01/19 (木) ~ 2006/01/22 (日)
劇場 シアターブラッツ
出演 菊池美里、山岡未絵、阿南順子(topquark)、太田みち、キム木村(ZIPANGUStage)、佐藤信也(疾駆猿)、そのだりん(世界劇場)、高橋洋平、長岡ゲトラ(ダブルスチール)、中村貴子、松崎映子(マシンガンデニーロ)、村田康二、森井陽子
脚本 米内山陽子
演出 米内山陽子
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://torikogekijo.blog.shinobi.jp/Entry/4/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 一年中桜の咲く街。四六時中、街は花霞の中。
ここでは降り積もる桜の花びらが、住民にとって重大な公害になっていた。
桜の花びら除去会社の従業員、笹木伊里は幻を見る病に冒される。
伊里にしか見えない少女、仮名は事あるごとに伊里を悩ませる。
そんな中、伊里の勤める会社の取引先に新人が雇われる。
伊里は新人、仲町峠に恋をする。仮名はおもしろがり、邪魔をする。
やがて町の住民達は伊里と同じ病に冒されてゆき、桜の木をすべて切り倒す計画が持ち上がる……
真冬の桜の下で起こる、どうしようもない恋愛悲劇。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 西廣奏
音楽 尚人
照明 橋本剛(colore)
音響 佐藤春平(sound cube)
宣伝美術 希人
演出助手 今井清光(はぶ談戯)
イラスト もりゆーこ
制作協力 大神舞子

[情報提供] 2009/06/24 09:54 by 米内山陽子

[最終更新] 2009/06/24 11:04 by 米内山陽子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大