演劇

鬼・第二部

鬼〜胡蝶の夢〜

北区つかこうへい劇団

滝野川会館 大ホール(もみじ)(東京都)

2009/12/09 (水) ~ 2009/12/13 (日) 公演終了

上演時間:

2008年12月に上演された「鬼」が、3部作としてシリーズ化決定!

明治座「あずみ」、新宿コマ劇場「SAMURAI 7」、青山劇場「女信長」など、外部で様々な作品の脚本に携わってきた渡辺が、昨年、満を持して劇団で上演したオリジナル作品「鬼〜贋大江山奇譚」。上演後、たくさんのお客様から「ま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/09 (水) ~ 2009/12/13 (日)
劇場 滝野川会館 大ホール(もみじ)
出演 逸見輝羊、高野愛、小川智之
脚本 渡辺和徳
演出 渡辺和徳
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】2009/10/10
全席自由・前売当日とも
*リピーター割引・北区民割引有り(共に当日受付のみの販売)
サイト

http://www.tsuka.co.jp/stage/oni/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2008年12月に上演された「鬼」が、3部作としてシリーズ化決定!

明治座「あずみ」、新宿コマ劇場「SAMURAI 7」、青山劇場「女信長」など、外部で様々な作品の脚本に携わってきた渡辺が、昨年、満を持して劇団で上演したオリジナル作品「鬼〜贋大江山奇譚」。上演後、たくさんのお客様から「また観たい!」とのお言葉をいただき、三部作での上演が決定いたしました。

豊かであることが、必ずしも「善」とは言えないこの現代。
「鬼」とはなにか? 「人」とはなにか?
現代の「鬼」をテーマに、別の時代、別の場所で描かれるまったく別の物語。

★☆北区つかこうへい劇団が総力を挙げてお送りする新たな「鬼」の世界に、どうぞご期待ください。

■あらすじ

戦国の世は終わりを告げた。
人々はようやく訪れた、平穏の時を謳歌しようとしていた。
そんな時代…。

瀬戸内の海を見下ろす里山の、人里離れた山奥に、一組の夫婦がひっそりと暮らしていた。
人目忍ぶように暮らすその夫婦の家の片隅には、一振りの刀があった。

かつて、希代の鬼を斬ったと伝えられる名刀・安綱。
もう二度と抜かれることのないであろうこの刀を、しかし女は懐かしむように見つめていた。

「人はなぜ、失ったものばかりを求めるのでしょうね。
 今、目の前には、こんなにも大切なものがたくさんあるというのに。
 でもなにかを大切に思うということは、それを失うということでもあるのです。
 あなたをどれほど愛しても、いつか私たちには別れの時が来ます。
 …死の時が来ます」

戦乱の過去か、今の平穏か。手にすべき未来は何か。
一組の夫婦が見た、儚い家族の「夢」は、時代の動乱の中に飲み込まれていく。

「だったら、これが私の人生だ」

その時、女は刀を抜いた。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/06/15 17:50 by 北区つかこうへい劇団

[最終更新] 2009/12/12 15:41 by 北区つかこうへい劇団

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大