演劇

劇団黒テント第67回公演 特設テント劇場

新装大回転玉手箱

黒テント

桐生市有鄰館(群馬県)

他劇場あり:

2009/06/17 (水) ~ 2009/06/17 (水) 公演終了

上演時間:

テント劇場で再演!
「玉手箱」から「新装大回転玉手箱」に大変化
伝説のストリッパーの物語りが、日本を駆け巡る!!

‘ある女’(物語を通して、‘ある女’として登場する。また、他のすべての役が自分の名を持つことはない。)の父は、自分と母を捨てて、ストリッパーのセーラ・望月のもとに行く。セ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/17 (水) ~ 2009/06/17 (水)
劇場 桐生市有鄰館
出演 宮崎恵治、愛川敏幸、平田三奈子、片岡哲也、久保恒雄、岡薫、足立昌弥、遠藤良子、伊達由佳里、山中弘幸、光田圭亮、山本健治、植田愛子、滝本直子
脚本 坂口瑞穂
演出 「新装大回転玉手箱」俳優陣
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】
前売3500円 学生2500円 当日4000円 (全席自由)
会場:有燐館 煉瓦蔵
サイト

http://www.ne.jp/asahi/kurotent/tokyo/09tamatebako/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 テント劇場で再演!
「玉手箱」から「新装大回転玉手箱」に大変化
伝説のストリッパーの物語りが、日本を駆け巡る!!

‘ある女’(物語を通して、‘ある女’として登場する。また、他のすべての役が自分の名を持つことはない。)の父は、自分と母を捨てて、ストリッパーのセーラ・望月のもとに行く。セーラ・望月は一世を風靡したストリッパーで一時期テレビや映画にも出演し、話題になった人物だ。しかし、公然わいせつ罪で何度か逮捕され、ついに実刑判決を受け、表舞台から姿を消す。

‘ある女’は、父が自分に期待していた女性のあるべき姿と、父自身がセーラに惹かれていった部分が、理解できずに苦しむ。そして、セーラ・望月が目撃されたという公園に行く。公園でセーラは公衆便所にうずくまり、自分の肌を傷つけていた。そして浮浪者相手にストリップをしていた。‘ある女’は、実際にセーラを見たという男二人と一緒に、自分がセーラになって、その状況を演じる。そして、‘ある男’に従い、‘ある女’はセーラの辿っていった同じ道程を辿っていく。そしてセーラと出会った人々の記憶のなかに飲み込まれていく。

あの日は小さな劇場が240人ほどの客で埋め尽くされて、その中の十二人は変装した警察官だったわけ。開場と同時に既に入っていたらしく、それから2時まで他の踊り子たちのショウを見過ごした。濡れた舞台の上は、この世の奇跡みたいで、臭気に酔っ払った客と女は、変な気分で、いつもよりハメをはずして、なんかのタガが外れたみたいに、剥き出しの獣が、唸るわ、吼えるわのぎりぎりの殺気のなか。私が裾をまくりアソコを開いた瞬間、突然フラッシュがバシャ、バシャ、バシャ。『そのまま、そのまま。』という声とともに舞台に男たちが乗り上げてきた。
その他注意事項
スタッフ 【音楽】磯田収 【美術】幸和紀 【舞台監督】森下紀彦
【照明】横原由祐(シアタークリエイション)
【音響】大久保友紀(ステージオフィス)
【衣装】山下順子 【宣伝美術】寺門孝之、名久井直子
【テント劇場プロデュース】テトラロジックスタジオ
【制作】宮崎恵治、岩井加奈
【旅制作】宮崎恵治、岡薫、伊達由佳里、山中弘幸

[情報提供] 2009/03/31 12:28 by Black Tent Theatre

[最終更新] 2010/01/05 14:53 by reiko*

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

reiko*

reiko*(0)

役者・俳優 美術 宣伝美術 Webサイト その他(衣装)

北九州公演のお手伝いをさせて頂いてます! チケット販...

ACTま

ACTま(162)

脚本 演出 演出助手 照明 舞台監督

盛岡公演のチケット販売手伝ってます! 是非お買い求め...

たまき@仙台

たまき@仙台(79)

 仙台公演を、お手伝いさせて頂いています!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大