トム・プロジェクト

飯塚コスモスコモン(福岡県)

他劇場あり:

2009/09/09 (水) ~ 2009/09/09 (水) 公演終了

上演時間:

劇団桟敷童子を主宰する東憲司。昨今の芝居がソフィスティケートされつつある中でアングラの臭いを感じさせ、圧倒的なパワーのなかにロマンと愛を感じさせる作風は、これからの演劇界に新風を吹き込むことは間違いない。トム・プロジェクトではかって、才能を早くから嗅ぎ取り作品を依頼した松尾スズキ、長塚圭史、マ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/09 (水) ~ 2009/09/09 (水)
劇場 飯塚コスモスコモン
出演 たかお鷹、高橋由美子、清水伸、松金よね子、有坂来瞳
脚本 東憲司
演出 東憲司
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,800円
【発売日】
S席:3,500円 A席:3,000円
※当日各300円up
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

会場:イイヅカコスモスコモン 中ホール
サイト

http://www.tomproject.com/works/El_Sur.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 劇団桟敷童子を主宰する東憲司。昨今の芝居がソフィスティケートされつつある中でアングラの臭いを感じさせ、圧倒的なパワーのなかにロマンと愛を感じさせる作風は、これからの演劇界に新風を吹き込むことは間違いない。トム・プロジェクトではかって、才能を早くから嗅ぎ取り作品を依頼した松尾スズキ、長塚圭史、マキノノゾミ同様、久しぶりに出現した、演劇だけが持つ魅力満載の大型演劇人、東憲司に作・演出を依頼し06年「骨唄」08年「鬼灯町鬼灯通り三丁目」を企画制作しました。ヌルイ演劇界にメガトン級のダイナミックな芝居を上演し大きな話題になりました。2009年は第三弾!九州福岡を舞台にした三部作の最終章。新たな東ワールドの幕が開く!

昭和30年前後の九州博多の町には文化があった。石炭景気、映画、そして西鉄ライオンズ。戦後の焼け跡の中から、博多の町が生み出す明るさの中で、庶民は逞しく生活をエンジョイしていた。末広長屋に住む一家にもいろんなドラマが刻まれていく。西鉄ライオンズの選手を目指している少年を取り巻く人間模様…昭和の時代の確かな人の温かさが、平成の混迷社会に警鐘を鳴らすヒューマンドラマ。
その他注意事項
スタッフ 作・演出◆東憲司
美術◆ヨネクラカオリ
照明◆Jimmy
音響◆半田充
衣裳◆竹原典子
舞台監督◆武川喜俊
宣伝写真◆塩谷安弘
宣伝美術◆立川明
プロデューサー◆岡田潔
企画制作◆トム・プロジェクト
協力◆
文学座 東宝芸能
スウィートパワー JFCT
アトリエ・ダンカン 劇団桟敷童子

[情報提供] 2009/06/11 02:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/07/22 23:52 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大