演劇

アクサル第7回公演

原作:安部譲二・柿崎正澄『RAINBOW 二舎六房の七人』(小学館週刊ヤングサンデー連載中)

演劇

アクサル第7回公演

RAINBOW 二舎六房の七人

原作:安部譲二・柿崎正澄『RAINBOW 二舎六房の七人』(小学館週刊ヤングサンデー連載中)

_

シアター代官山(東京都)

他劇場あり:

2007/02/20 (火) ~ 2007/02/26 (月) 公演終了

上演時間:

「生き抜くんだ!俺たち七人で!」
昭和30年、7月、湘南特別少年院、二舎六房に6人の少年たちが収監された。マリオ、スッポン、ヘイタイ、バレモト、ジョー、キャベツ、心に深い傷を負った6人の少年たちはアンチャンこと桜木六郎太との運命的な出会いを果たす。暴力と非情に満ちた地獄の檻の中、アンチャンと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/02/20 (火) ~ 2007/02/26 (月)
劇場 シアター代官山
出演 田中照人、古川貴生、松木賢三、山本健史、加藤巨樹、田倉伸紘、日ノ西賢一、内藤悠一、梅林亮太、長谷川友紀、諏訪田寛幸、吉谷光太郎
脚本 吉谷光太郎
演出 吉谷光太郎
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,500円
【発売日】2006/12/16
全席指定・税込
未就学児入場不可
サイト

http://www.blue-shuttle.com/axle

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「生き抜くんだ!俺たち七人で!」
昭和30年、7月、湘南特別少年院、二舎六房に6人の少年たちが収監された。マリオ、スッポン、ヘイタイ、バレモト、ジョー、キャベツ、心に深い傷を負った6人の少年たちはアンチャンこと桜木六郎太との運命的な出会いを果たす。暴力と非情に満ちた地獄の檻の中、アンチャンと6人の少年には友情が芽生え、かけがえのない仲間となった。
アンチャンの出所まであと1ヶ月。看守の石原はアンチャンの出所を阻止すべく非道の限りを尽くす。
このままでは、アンチャンが殺される!
少年たちは決意した。自らの命を賭して戦うことを。自らの力で自由をつかみとることを。

昭和30年12月4日、正午、少年院脱走計画開始。
二舎六房の7人は看守の追走をくぐり抜け、希望の虹を空に架けることができるのか?
その他注意事項 未就学児童入場不可
全公演で公演終了後にイベント開催します
スタッフ 【原作】安部譲二・柿崎正澄『RAINBOW 二舎六房の七人』(小学館週刊ヤングサンデー連載中)
【主題歌】コス∞モス「青い空の忘れ物~RAINBOWバージョン~」
【音楽】石田雄一 【振付】尾沢奈津子(N-TRANCE FISH) 【殺陣】高倉良文(ネコ脱出) 【美術】西本卓也(GiantGrammy) 【照明】浜崎亮(LUPO) 【音響】とんかつ 【衣裳】田中秀彦(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)・加納尚美 【小道具】kK工房 【舞台監督】石田昌也 【アドバイザー】生田朗子 【チラシ・ポスター宣伝美術】黒田武志(sandscape) 【宣伝写真】霜越春樹 【グッズ写真】伊東俊介 【ヘアメイク】五十嵐美香 【制作】瀬戸憲一・大西千保・長谷川麻貴 【プロデューサー】砂岡誠 【協力】劇団ひまわり・株式会社フリースト・スタート・インテレ-P 【後援】FM802 【企画・製作】Blue Shuttle

[情報提供] 2006/12/07 08:57 by をはませ

[最終更新] 2008/01/14 17:04 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ネコ主宰

ネコ主宰(0)

役者・俳優 脚本 演出 殺陣

殺陣師として参加させていただきました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大