オペラ

東京二期会オペラ劇場

蝶々夫人

財団法人東京二期会

東京文化会館 大ホール(東京都)

2009/10/09 (金) ~ 2009/10/12 (月) 公演終了

上演時間:

日本はかくも美しく、悲しかった
イタリアオペラを代表する作曲家プッチーニが、最も愛したオペラともいわれている『蝶々夫人』は、明治時代の日本、長崎を舞台にした悲劇。
可憐な15歳の芸者・蝶々さんを見初めた米国海軍士官ピンカートンは、彼女と日本でのかりそめの結婚をして帰国。
蝶々さんは男の子...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/09 (金) ~ 2009/10/12 (月)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演 大山亜紀子、文屋小百合、山下牧子、小林由佳、樋口達哉、小原啓楼、直野資、久保和範、他
作曲 ジャコモ・プッチーニ
演出 栗山昌良
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 13,000円
【発売日】2009/04/09
【一般】S席¥13,000 A席¥11,000
B席¥9,000 C席¥7,000 D席¥5,000 学生席¥2,000
※チケット購入後のお取消、日程の変更はできません。
※学生席のご予約は二期会チケットセンター電話のみのお取扱いです。
サイト

http://www.nikikai.net/lineup/butterfly2009/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本はかくも美しく、悲しかった
イタリアオペラを代表する作曲家プッチーニが、最も愛したオペラともいわれている『蝶々夫人』は、明治時代の日本、長崎を舞台にした悲劇。
可憐な15歳の芸者・蝶々さんを見初めた米国海軍士官ピンカートンは、彼女と日本でのかりそめの結婚をして帰国。
蝶々さんは男の子を出産し、来る日も来る日も双眼鏡で港を眺め健気に夫の帰りを待つのだが・・・。
その他注意事項
スタッフ オペラ(日本女性の悲劇)全3幕
字幕付原語(イタリア語)上演
台本:ルイージ・イッリカ及びジュゼッペ・ジャコーザ
作曲:ジャコモ・プッチーニ

指揮:ジャック・デラコート
演出:栗山昌良

舞台美術:石黒紀夫
衣裳:岸井克己
照明:沢田祐二

舞台監督:菅原多敢弘
公演監督:高 丈二

[情報提供] 2009/06/08 22:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/06/08 22:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大