ミュージカル

Bunkamura

兵庫県立芸術文化センター 大ホール(兵庫県)

他劇場あり:

2009/09/02 (水) ~ 2009/09/06 (日) 公演終了

上演時間:

1975年、オフ・ブロードウェイで幕を開けるやいなや爆発的な大ヒットとなり、3ヵ月後にはオン・ブロードウェイに進出。記録的なロングラン公演となる。原案・振付・演出のマイケル・ベネットは、ショービジネスの世界で舞台に全てをかける若者たちの姿、そして彼らが抱える複雑な家庭環境、思春期の戸惑い、性の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/02 (水) ~ 2009/09/06 (日)
劇場 兵庫県立芸術文化センター 大ホール
出演
作曲 マーヴィン・ハムリッシュ
脚本 ジェームズ・カークウッド、ニコラス・ダンテ
演出 マイケル・ベネット
料金(1枚あたり) 6,500円 ~ 12,500円
【発売日】2009/05/17
S席:\12,500 A席:\10,500 B席:\8,500 C席:\6,500
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/shosai_09_chorusline.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1975年、オフ・ブロードウェイで幕を開けるやいなや爆発的な大ヒットとなり、3ヵ月後にはオン・ブロードウェイに進出。記録的なロングラン公演となる。原案・振付・演出のマイケル・ベネットは、ショービジネスの世界で舞台に全てをかける若者たちの姿、そして彼らが抱える複雑な家庭環境、思春期の戸惑い、性の悩み、希望や不安、苦悩を赤裸々に描きだすことに成功している。
1983年9月には「グリース」が持っていたロングラン記録を突破。85年には映画化され、日本でも大ヒットした。最終的に公演回数6,137回、総動員数は664万人を記録した。
その他注意事項
スタッフ 原案・振付・演出:マイケル・ベネット
台本:ジェームズ・カークウッド&ニコラス・ダンテ
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ
作詞:エドワード・クレバン
曲名:At The Ballet,What I Did For Love,One 他

[情報提供] 2009/03/23 11:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/23 02:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大