演劇

ジェネレーションギャップvol.3

ヤマトタケルの面々

劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2009/08/26 (水) ~ 2009/08/31 (月) 公演終了

上演時間:

 前回、「部屋と僕と弟のはなし」で、2008年星の戯曲賞準グランプリを受賞した、ジェネレーションギャップの第3弾が決定いたしました。
今回も、金沢氏を脚本に迎え、SETの中でも、成長著しい若手を多数起用し、時を現代から終戦間際の日本に移し、笑って笑って最後に泣ける、ウエルメイドなシュチエーシ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/26 (水) ~ 2009/08/31 (月)
劇場 シアターグリーン BIG TREE THEATER
出演 山崎大輔、杉野なつ美、大関真、大竹浩一、安田裕、出口哲也、榊英訓、熊倉功
脚本 金沢知樹、大関真
演出 大関真
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 4,000円
【発売日】2009/06/20
前売:3800円
当日:4000円
サイト

http://www.set1979.com/index.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  前回、「部屋と僕と弟のはなし」で、2008年星の戯曲賞準グランプリを受賞した、ジェネレーションギャップの第3弾が決定いたしました。
今回も、金沢氏を脚本に迎え、SETの中でも、成長著しい若手を多数起用し、時を現代から終戦間際の日本に移し、笑って笑って最後に泣ける、ウエルメイドなシュチエーション・コメディーをお客様にお届けいたします。
【ストーリー】
1945年、日本。兵隊の寄宿舎。その横の食堂。6脚の椅子。座るはヤマトタケルの面々。
国を憂う面々。議論するは、日本国の未来。未来の為の作戦。
奇天烈、怪奇な作戦…
その他注意事項 未就学児入場不可
スタッフ 舞台美術:袴田長武
音響:今村太志(サウンドクラフトライブデザイン社)
照明:高橋朋也(東京三光)
音楽:大崎聖二、会田俊樹(楽踊舎)
衣装アドバイザー:牧野純子(ダダグラム)

舞台監督:杣谷昌洋、大友圭一郎
制作:鈴木庸子
企画・制作:劇団スーパー・エキセントリック・シアター

[情報提供] 2009/06/08 18:31 by yoko

[最終更新] 2009/07/20 13:36 by yoko

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大