舞踊・バレエ

旅は道連れプロジェクト

100歳からの日記

マドモアゼル・シネマ

神楽坂セッションハウス(東京都)

2009/08/01 (土) ~ 2009/08/02 (日) 公演終了

上演時間:

『100歳からの日記』は、椎名誠・渡辺一枝、
二人の作家の写真集をテキストに作り上げるダンス・シアター。
旅行く先々で出会う人々に向けられるぬくもりのある視線、二人のまなざしの先にある無名の「わたしたち」の日常。「からだ」が主役のダンサーが写真集の中の人物に変容する作業は、「私」から「わた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/01 (土) ~ 2009/08/02 (日)
劇場 神楽坂セッションハウス
出演 マドモアゼル・シネマ(ダンス)、松本大樹(ダンス)、つむぎね(音楽)、渡辺一枝(朗読)
演出
振付 伊藤直子
料金(1枚あたり) 0円 ~ 3,000円
【発売日】2009/06/01
前売:2700円 当日:3000円
学生:2000円 小中学生:1000円 未就学児無料
サイト

http://www.session-house.net/mc.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『100歳からの日記』は、椎名誠・渡辺一枝、
二人の作家の写真集をテキストに作り上げるダンス・シアター。
旅行く先々で出会う人々に向けられるぬくもりのある視線、二人のまなざしの先にある無名の「わたしたち」の日常。「からだ」が主役のダンサーが写真集の中の人物に変容する作業は、「私」から「わたし」への旅。音楽集団“つむぎね”とマドモアゼル・シネマが共に創るオリジナルなダンス・シアターは、奇想天外な風景が相次いで皆様を魅了するでしょう。
その他注意事項
スタッフ 【照明】若尾美穂 【音響】上田道崇 【舞台監督】関根一郎
【映像】梶村昌世(アニメーション作品) 【衣裳】はらだまつの
【美術】くに若尾 【記録映像】PLASTIC RAIN  
【プログラムディレクター】伊藤直子
【制作・主催】マドモアゼル・シネマ
【助成】芸術文化振興基金助成事業 EU・ジャパンフェスト日本委員会

[情報提供] 2009/06/07 21:46 by 竹之下たまみ

[最終更新] 2009/06/09 01:34 by 竹之下たまみ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大