演劇

司馬遼太郎が描いた日本のヒーローたち ~憶えていてほしい、こんな男達がいたことを~

演劇

司馬遼太郎が描いた日本のヒーローたち ~憶えていてほしい、こんな男達がいたことを~

朗読活劇 Recita Calda(レチタ・カルダ)「燃えよ剣」

朝日新聞社

壬生寺(京都府)

他劇場あり:

2009/07/18 (土) ~ 2009/07/18 (土) 公演終了

上演時間:

時代に愛され、翻弄された男時代を疾風のように駆け抜け、そして散った男。
己の信念のまま時代にあらがいながら、儚くも砕け散った男…。
司馬遼太郎は「司馬史観」の中「日本とは?」「日本人とは?」「男とは?」という普遍的なテーマを追求してきた。活字とは一味違う躍動感、緊張感、臨場感。
レチタ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/18 (土) ~ 2009/07/18 (土)
劇場 壬生寺
出演 要潤、沖仁、高岸弘樹
脚本
演出
料金(1枚あたり) 6,500円 ~ 6,500円
【発売日】2009/05/23
6,500円(全席指定)
サイト

http://www.kanamedia.com/jk/kouen.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 時代に愛され、翻弄された男時代を疾風のように駆け抜け、そして散った男。
己の信念のまま時代にあらがいながら、儚くも砕け散った男…。
司馬遼太郎は「司馬史観」の中「日本とは?」「日本人とは?」「男とは?」という普遍的なテーマを追求してきた。活字とは一味違う躍動感、緊張感、臨場感。
レチタ・カルダは、日本の男の生きざま、作家司馬遼太郎の世界を、無限に拡げていく!

レチタ・カルダ──それはイタリア語で『熱い朗読』。
朗読・芝居・音楽が織り交ぜられ進行する朗読活劇。
入念な構成、演出、迫真の語り、演技、そして徹底して質にこだわった音楽とのコラボレーション。
それは第一級舞台人たちが繰り広げる一晩限りの素晴らしい饗宴である。
その他注意事項
スタッフ 朗読活劇Recita Calda (レチタ・カルダ)
『燃えよ剣』
原作:司馬遼太郎

語り手:要潤
演奏・フラメンコギター:沖仁
カンテ・歌:高岸弘樹

[情報提供] 2009/05/29 13:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/05/29 20:15 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大