アフタークラウディカンパニー(ACC)

シアターX(カイ)(東京都)

2009/06/08 (月) ~ 2009/06/09 (火) 公演終了

上演時間:

クラウン、パントマイム、演劇、ダンス、ストリートなど様々な場所で活躍する、国内のパフォーマーと海外招聘パフォーマーによる短編作品集です。多彩なパフォーマー達が約10分という限られた時間のなかで、稀代の愚か者として、自らの個性と表現力を凝縮させた劇的なパフォーマンスを披露します。

----...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/08 (月) ~ 2009/06/09 (火)
劇場 シアターX(カイ)
出演 LeCarreCurieux、PharePonleuSelpak、金子ざん、チカパン、toRMansion、ななな、チーズ
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 6,500円
【発売日】2009/04/01
全席自由席(入場整理番号あり)
前売3,500円 当日4,000円 回数券6,500円(ACCのみ取り扱い)
サイト

http://www.accircus.com/foolfestival05th/programs/omunibasu_a.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 クラウン、パントマイム、演劇、ダンス、ストリートなど様々な場所で活躍する、国内のパフォーマーと海外招聘パフォーマーによる短編作品集です。多彩なパフォーマー達が約10分という限られた時間のなかで、稀代の愚か者として、自らの個性と表現力を凝縮させた劇的なパフォーマンスを披露します。

--------------------------------------------------------

 東京国際フール祭とは、主に海外の劇場やサーカスで活躍するクラウン(道化)、日本のクラウンやパントマイミストなど、身体表現で「笑い」の世界を作り上げるアーティストが一同に会した、日本ではあまり類を見ないフェスティバルです。言葉を使わずに身体表現のみで「笑い」を表現するクラウン独特の手法は、チャップリンやキートンなどのサイレント映画などでお馴染みですが、舞台でその作品を公演するという文化は、我が国においては、あまり馴染みある文化とは言えないかも知れません。しかし、過去に2000年の第1回から2006年の第4回までに、イギリス、フランス、スイス、イスラエル、イタリア、ウクライナ、ベルギー、アメリカ、そして日本という9カ国のアーティスト達が、多様な笑いの文化のページェントを繰り広げました。

 クラウンとは道化のことで、しばしば愚者の役割を演じます。クラウンの演技(クラウニング)は、身体表現、ドラマトゥルギー、人間の欲求や葛藤などを表す演劇にはなくてはならない様々な要素が含まれていて、人間のベーシックでシンプルなおかしさをもとに作り上げられています。何かを成し遂げようと懸命になればなるほど、状況が悪化してゆく様子や、真剣であれば真剣であるほど滑稽な人間の姿など、人間の奥底に潜む本質と、思うがままにならない世の中との関わりを、ユーモアと皮肉を交えながら巧みに表現します。

 主にヨーロッパではクラウンによる劇場作品の公演がさかんに行われています。「クラウンの視点」が社会生活の中に必要なものとして需要があるからです。そしてクラウンの最大の魅力は、言葉をほとんど使わないコメディなので、文化や言語が違っていても世界中のどこの劇場に行っても、幅広い層のお客さんと丁々発止のコミュニケーションを交わすことが出来ます。
その他注意事項
スタッフ 照明:松田充博 音響:越川徹郎

6月8日(月)19:30開演(19:00開場)
6月9日(火)19:30開演(19:00開場)

[情報提供] 2009/05/27 00:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/05/27 01:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大