演劇

演劇集団サルマル公演

デイジー・デイズ

演劇集団サルマル

北野市民センター(東京都)

2007/03/25 (日) ~ 2007/03/25 (日) 公演終了

上演時間:

まやかしの微笑より、本気の涙。
泣けないおとなと、泣けない少女。
気配りに満ちた共同生活に変化を来たすのは、よく泣く男と、見えない少年。
季節が春へと移るように、ゆるゆると流れる、救済と回帰の物語。

今は使われていない給水塔の屋上で、ひっそりと営まれるカフェ・ミルクホールは、特別な...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/25 (日) ~ 2007/03/25 (日)
劇場 北野市民センター
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり)
【発売日】
観覧無料
サイト

http://sarumaru.kanpaku.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 まやかしの微笑より、本気の涙。
泣けないおとなと、泣けない少女。
気配りに満ちた共同生活に変化を来たすのは、よく泣く男と、見えない少年。
季節が春へと移るように、ゆるゆると流れる、救済と回帰の物語。

今は使われていない給水塔の屋上で、ひっそりと営まれるカフェ・ミルクホールは、特別な客に特別なミルクしか出さない。採算度外視で店を出す目的は、塔を訪れる自殺希求者を思いとどまらせるため、そして、店主の姪・世界の、ちいさな世界を守るため――
常連客は、優柔不断に、冷血症に、躁鬱症。店主は穏和だが変わり者、その姪は学校にも行かず、給水塔から一歩も降りないでいる。彼女が心を許すのは、店主と、幼馴染のひとりの少年。けれど少年は、彼女以外の誰にも見えない――
それぞれに痛みと弱みを抱え、不器用に身をかわしながら等身大で生きていく、給水塔の面々。友達というには遠慮が有りすぎ、客店主の仲にしては内情を知りすぎ。家族というほど踏み込まず、仲間というには気恥ずかしい。愛しさはあっても憎しみはなく、悲しみはあっても恨みはない。人肌よりやや冷めた温度で、たゆたうように過ぎていく日々。
 誰かに似た人が、ここに居ます。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/05/22 21:19 by 演劇集団サルマル

[最終更新] 2009/05/29 21:07 by 演劇集団サルマル

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大