舞踊・バレエ

世田谷美術館「トランス/エントランス」vol.8/「GALA Obirin 2009」招聘公演

循環プロジェクト公演「≒2 にあいこーるのじじょう」

NPO法人 DANCE BOX

PRUNUS HALL(桜美林大学内)(神奈川県)

他劇場あり:

2009/05/30 (土) ~ 2009/05/31 (日) 公演終了

上演時間:

「にあいこーるのじじょう」は、関西のNPO法人ダンスボックスを拠点に生まれた注目作。ありきたりな「舞台」イメージを打破し、また「障がい」をめぐる境界線をもクリエイティヴに越えようと、3人のアーティスト—砂連尾理(ダンス)、スカンク(音楽)、川井ミカコ(美術)がナビゲートするワークショップに障が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/30 (土) ~ 2009/05/31 (日)
劇場 PRUNUS HALL(桜美林大学内)
出演 あおいさちこ、白井宏美、福角宣弘、福角幸子、森田かずよ、以倉里江子
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】
一般2000円 学生1500円 高校生以下1000円 障がい者+介助者1000円
サイト

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/list.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「にあいこーるのじじょう」は、関西のNPO法人ダンスボックスを拠点に生まれた注目作。ありきたりな「舞台」イメージを打破し、また「障がい」をめぐる境界線をもクリエイティヴに越えようと、3人のアーティスト—砂連尾理(ダンス)、スカンク(音楽)、川井ミカコ(美術)がナビゲートするワークショップに障がいをもつ人々が参加、彼らがフルに出演する先鋭的な作品が生まれました。初演は2008年4月、その後の公演を経て作品は進化・発展し、いよいよ世田谷美術館にやってきます。エントランスはさまざまな出来事が起こる「広場」となり、いくつもの出入口から出演者たちが現れては消え、ぶつかるように出会っては去り、何かを待ちあるいは待たず、そして・・・。

昨冬「にあいこーるのじじょう」の公演を観たとき、これは当館のエントランスでぜひもう一度観たい、と「トランス/エントランス」企画者として思いました。既成の場を壊し創りなおす力が、そこには確かにありました。出演者は約10名、介助者やスタッフを含め総勢約20名が関わる本公演は、「トランス/エントランス」シリーズ中でもとりわけチャレンジングなものになります。そしてそれゆえに、シリーズ自体が新たな次元へと開かれることも予感しています。一人でも多くの方にお立ち会いいただきたい、と切に願っております。みなさまのご来場をお待ちしております。(世田谷美術館 塚田美紀)
その他注意事項
スタッフ ◆出演(予定者を含む):
【ダンス】あおいさちこ、白井宏美、福角宣弘、福角幸子、森田かずよ / 以倉里江子
【美術】けいこ山▲ 協力:磯貝直子
【音楽】酒井徹、谷口亜紀、宮園稔、村上理恵、ホタ

◆ナビゲーター:ダンス/砂連尾理、美術/川井ミカコ、音楽/スカンク
◆統括:大谷燠(NPO法人DANCE BOX)制作:文(NPO法人DANCE BOX)

主催:世田谷美術館 共催:NPO法人 DANCE BOX 協力:エイブル・アート・ジャパン、明治安田生命保険相互会社

※本公演は、明治安田生命社会貢献プログラム「エイブルアート・オンステージ」参加事業です。

[情報提供] 2009/05/22 14:45 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/05/28 23:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大