演劇

劇団えのき岳遊劇隊第10回本公演

「高橋京一の描き方」

劇団えのき岳遊劇隊

ぽんプラザホール(福岡県)

2009/05/30 (土) ~ 2009/05/31 (日) 公演終了

上演時間:

小説作家、高橋京一は デビュ-作で大きな賞を手にした事で、
二作目以降の作品に自信が持てないでいた。
デビュ-作品の映画化も決まる中、
自身の思いとはうらはらに 2度目の受賞を果たす京一。
そんな京一の前に助けを求める男が現れた。
それは京一自身が描いた小説のキャラクターだった・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/30 (土) ~ 2009/05/31 (日)
劇場 ぽんプラザホール
出演 森山彰、奥田奨、村山千絵、小田泰嗣(劇団無名)、土居飛鳥、矢野貴裕、江口真歩、大串到生(福岡大学演劇部)、佐藤未千代、榎本史郎、他スペシャルゲス
脚本 榎本史郎
演出 榎本史郎
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】2009/04/04
サイト

http://genokidake.fc2web.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 小説作家、高橋京一は デビュ-作で大きな賞を手にした事で、
二作目以降の作品に自信が持てないでいた。
デビュ-作品の映画化も決まる中、
自身の思いとはうらはらに 2度目の受賞を果たす京一。
そんな京一の前に助けを求める男が現れた。
それは京一自身が描いた小説のキャラクターだった・・・。

子供の頃が描いた妄想や想像がココに!
高橋京一を軸に
面白おかしいメンバーでお送りするコメディ。
ハチャゴチャえのきファンタジー☆

その他注意事項
スタッフ 脚本・演出:榎本史郎
照明:権藤智海(U.G.Channel)
音響:塚本彩乃
舞台監督:奥田奨
衣装:土居飛鳥
宣伝美術:LUKA&RIRU
制作総指揮:土居飛鳥
制作:えのきのこ制作委員会

[情報提供] 2009/05/20 15:07 by てん

[最終更新] 2009/06/01 21:07 by てん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

ポーカーフェイス@福岡

ポーカーフェイス@福岡(26)

役者をしています。 京一を観に来てください。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大