演劇

現代時報第11回公演

ウクレレ時報

現代時報

盛岡劇場 タウンホール(岩手県)

2009/05/09 (土) ~ 2009/05/10 (日) 公演終了

上演時間:

[エチュードにより生み出されるリアル]
この作品には台本がありません。
 「エチュード」と呼ばれる与えられた空間・与えられた設定の中で役者個々人が自由に動き回り寸劇を行い、それを演出し作品が作られています。
 そこには、人間のリアルで多彩な人間味溢れる作品が現れます。
 台本のある芝...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/09 (土) ~ 2009/05/10 (日)
劇場 盛岡劇場 タウンホール
出演 三好永記、田村史法、畠山美穂(劇団・風紀委員会)、蛇口仁志、佐々木つかさ、三谷仁人、高村美圭、土川拓未、小田島尚行、中村美穂、佐々木要、岩倉未希奈、臼澤真理
脚本 高村明彦
演出 高村明彦
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,200円
【発売日】
一般前売・予約     1000円
一般当日         1200円
学生前売・当日     1000円
小中高生前売り・当日 500円
サイト

http://www.mothco.net/next.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 [エチュードにより生み出されるリアル]
この作品には台本がありません。
 「エチュード」と呼ばれる与えられた空間・与えられた設定の中で役者個々人が自由に動き回り寸劇を行い、それを演出し作品が作られています。
 そこには、人間のリアルで多彩な人間味溢れる作品が現れます。
 台本のある芝居では、普段私たちが話している多彩な会話は無くなり、作者の型にはまった台詞がある。
 それを否定する訳ではないですが、本公演は役者それぞれの自然な行動、自然な会話が表現されます。
知らない事は、知らない。
全くかみあわない会話。
何か面白いか分からないのに笑う。
急に無口になる。
私たちはその中で生きている。
 その過程に興味は尽きない。

[修得過程はダイナミックでありドラマチック]
現在、メンバーはウクレレを修得中であります。
 ほとんどのメンバーは触るのも初めてであり、公演決定から2~8ヶ月一生懸命練習しております。
 私たちは、なにをかを修得して生きている。
 それは、親の教えだったり、学業だったり、人付き合いだったり、そこには苦労と喜びがあり、時には人生を大きく変える事もある。
 本公演はウクレレの修得過程を稽古とし、それをエチュードの設定とし、トレースし、修得過程の面白さを舞台に現しています。

[音と音楽]
本公演のこだわりとして音と音楽があります。
 演劇に於ける「音」と「音楽」の使い方はどのようにあるべきなのでしょうか?
 そこに答えは無いかもしれませんが、本公演ではそのテーマを問いかけて行きます。

[トレース]
本作品は、従来のやり方と趣向を変えて、会話をより豊かにする「トレース」という演出独自の方法で作品をつくってみました。
興味のある方は5月3日開催のワークショップをどうぞ。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術 高村 明彦 中村 美穂
照明  田村 史法
音響 岩倉 未希奈
装置 蛇口 仁志 小川 嘉文
小道具 佐々木 つかさ
宣伝美術・映像 土川 拓未
制作 小田島 尚行

[情報提供] 2009/05/13 14:26 by いな

[最終更新] 2009/05/13 14:37 by いな

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大