演劇

第四回公演

ヘンゼルとグレーテル

演劇

第四回公演

水仙-スイセン-

ヘンゼルとグレーテル

劇団始発列車

シアター風姿花伝(東京都)

2009/06/06 (土) ~ 2009/06/07 (日) 公演終了

上演時間:

恩田嘉子が描く、サイコサスペンス作品

鎖国の時代が訪れた。
食糧難に陥った日本政府が下した結論は「人口削減計画」だった。

対象者は生産性のない老人、病人、罪人、そして12歳から25歳の民間人。

森のコテージに逃げ込み生活を始める男女。
けえど、平穏な日常は続かない

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/06 (土) ~ 2009/06/07 (日)
劇場 シアター風姿花伝
出演 坂内友樹、恩田嘉子、かわもとゆうき、相原亮介、大西聖志、臼井賢太、吉冨加奈恵、田口遥佳、佐藤豪晃
脚本 恩田嘉子
演出 坂内友樹
料金(1枚あたり) 1,300円 ~ 2,500円
【発売日】2009/04/15
前売り 一般2000円 高校生以下1300円
当日  一律2500円
サイト

http:// http://shihatutrain.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 恩田嘉子が描く、サイコサスペンス作品

鎖国の時代が訪れた。
食糧難に陥った日本政府が下した結論は「人口削減計画」だった。

対象者は生産性のない老人、病人、罪人、そして12歳から25歳の民間人。

森のコテージに逃げ込み生活を始める男女。
けえど、平穏な日常は続かない

女 男 友達 恋人 元彼 殺人 友情 愛情 嫉妬 恨み 妬み

複雑な人間関係が交錯し、崩れていく歯車・・・



っという感じで、今回は今までの始発にはない ダークなテイスト作品になっています
その他注意事項
スタッフ 『照明』望月肇
『音響』としくに
『舞台監督』土屋志穂
『楽曲制作』鈴木瑞穂
『美術』ANOKO
『装置』YOU
『制作』恩田領子

[情報提供] 2009/05/11 16:25 by ヨシコ

[最終更新] 2009/06/07 22:54 by ヨシコ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大