演劇

にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトvol.5

東京国際芸術祭2007

演劇

にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトvol.5

雲。家。

東京国際芸術祭2007

Port B(ポルト・ビー)

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2007/03/01 (木) ~ 2007/03/04 (日) 公演終了

上演時間:

3月4日(日)17:00
終演後ポスト・パフォーマンス・トークあり

様々な社会問題をグロテスクなまでに描ききり、最も憎まれる作家と自称して憚らないE・イェリネク(映画『ピアニスト』原作者/04年ノーベル文学賞受賞)の戯曲を日本初上演。
ドイツの著名な文人による国家やナショナリズムに関...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/01 (木) ~ 2007/03/04 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 暁子猫
脚本 エルフリーデ・イェリネク
演出 高山明
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般:3,000円/学生:2,000円(当日要学生証提示)/豊島区民割引:2,000円
サイト

http://tif.anj.or.jp/program/portb.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 3月4日(日)17:00
終演後ポスト・パフォーマンス・トークあり

様々な社会問題をグロテスクなまでに描ききり、最も憎まれる作家と自称して憚らないE・イェリネク(映画『ピアニスト』原作者/04年ノーベル文学賞受賞)の戯曲を日本初上演。
ドイツの著名な文人による国家やナショナリズムに関連する数々の引用をコラージュしたテクストは言葉とテーマが深く結びつき、外国での上演は不可能と言われている。
この難解な言葉と国家の関係を痛烈に問う本作品を、越境的思考で多メディア・多ジャンル的な活動をするPort Bが「日本」に接続することで、“母語”や“翻訳”の問題と向き合い、新しい演劇言語を模索する。
その他注意事項
スタッフ 構成・演出 高山明

翻訳:林立騎
照明:江連亜花里
映像:宇賀神雅裕 三行英登
音楽・音響:内藤正典
舞台監督: 清水義幸
技術監督:井上達夫
宣伝美術:三行英登
ドラマトゥルク:林立騎

[情報提供] 2007/02/23 01:41 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/03/04 10:43 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大