演劇

アロッタファジャイナ第7回公演

偽伝、樋口一葉

デザイン:写真:岩切等

0 お気に入りチラシにする

演劇

アロッタファジャイナ第7回公演

偽伝、樋口一葉

アロッタファジャイナ

新宿シアターモリエール(東京都)

2006/12/06 (水) ~ 2006/12/10 (日) 公演終了

上演時間:

劇団アロッタファジャイナ第7回本公演は、
なんとあの夭折の女流作家「樋口一葉」をとりあげます。
もちろん「樋口一葉」を扱うといっても、そこはそれ、
楳図かずお先生を演劇化しちゃうアロッタですから、和装して、ちんとんしゃん
巨匠井上ひさし先生チックな超大作文芸物…になんかなるわけありませ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/12/06 (水) ~ 2006/12/10 (日)
劇場 新宿シアターモリエール
出演 満島ひかり、広澤葵、俊藤光利、藤澤よしはる、渡来敏之、安川祐香、今橋由紀、青木ナナ、大石綾子、ナカヤマミチコ、石橋拓也、野木太郎、中村マリ、斉藤新平、森陽太、岡村麻純、井川千尋、野上智加、佐藤幾優、国吉梨那
脚本 松枝佳紀、監修:金子修介
演出 松枝佳紀
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,000円
【発売日】
サイト

http://www.alotf.com/stage.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 劇団アロッタファジャイナ第7回本公演は、
なんとあの夭折の女流作家「樋口一葉」をとりあげます。
もちろん「樋口一葉」を扱うといっても、そこはそれ、
楳図かずお先生を演劇化しちゃうアロッタですから、和装して、ちんとんしゃん
巨匠井上ひさし先生チックな超大作文芸物…になんかなるわけありません。
ニセの伝…「偽伝(ぎでん)」と銘打ち、本当の樋口一葉から離れて自由に物語りたいと思います。
逆に、裏街道を通ったほうが、目的地には近道だった……
みたいなことになるんじゃないかと。

ま、わかりませんが。

と言ったところで衝撃のニュースが入りました。
永井愛さんが樋口一葉を題材にしてこの10月に芝居を打つ!!!!
   「書く女」世田谷パブリックシアター

まじか、まじかよ………

アロッタ緊急制作会議が開かれましたin真夏の深夜歌舞伎町タイパブ。
結果は、あっちが女なら、こっちは男!っつうことで見切り発車でGOでした。
いや、ね、この樋口一葉企画は2年近くあたためていた企画(最初は故・那須博之監督の着想)ですからね。
たとえ敵が永井愛さんでも引くわけにはいきません。
そのかし、いや、そのかしったら何ですけども
こちらにはこちらのすんげぇ助っ人を頼みました。

監修に、映画「デスノート」監督、金子修介氏。
主演に、フジテレビ「ダンドリ娘」出演、満島ひかりチャン。
ひかりチャンは、この秋から、フジテレビCX系で昼放映の、
いわゆる昼ドラ「紅の紋章」にも重要な役でレギュラー出演が決まっていますし、
期待の20歳、炎の女優です。
さらにもう1人の主演には、前回公演でも主役を張った「恋から」美女広澤葵。
一葉なのに2人主演で燃える女の戦いが早くも予想されます! そして、描かれるストーリーも、脚本の松枝いわく
「樋口一葉っつうか、真夏の男と女があれしてこうして、
いけないっっと思いつつも、ああなっちゃう系なあれかもしれないし、
そうじゃないかもしれない」
というような、まさに予想を裏切るエンターテイメント
風味に仕上げる予定だそうで、とりあえず、期待していてください。
ということで本公演のスペックは次のようになっていますデスノート。
その他注意事項
スタッフ 美   術:小池れい
舞台監督:松澤 紀昭
照   明:柳田 充(Lighting Terrace LEPUS)
音   響:ヨシモトシンヤ(SoundCube)
衣   裳:伊藤摩美
宣伝写真:岩切 等
選   曲:松枝 佳紀
制   作:中山美智子
制作助手・票券:森 春花
OP映像:新生璃人
製   作:アロッタファジャイナ

[情報提供] 2007/02/23 01:26 by Micchi

[最終更新] 2007/02/23 01:30 by Micchi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

みどり

みどり(2)

役者・俳優

參加しました

ちひろん☆

ちひろん☆(0)

出演者の井川千尋です。

Micchi

Micchi(5)

制作:中山です! 土偶:ナカヤマです!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大