演劇

ナントカ世代⑦

ポツレモン

ナントカ世代

アトリエ劇研(京都府)

2009/07/24 (金) ~ 2009/07/26 (日) 公演終了

上演時間:

駅舎のある風景。
女は1本目の電車を待っている。だから、男は2本目の電車を待つことにした。

街へ出ようか/家路に着こうか-。
思料する女の前にはレールがない。もちろん電車は来ない。

畢竟、男は遣る瀬が無くって、立つ瀬も無くなる。「僕はただ電車を待っていただけなのに・・・」。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/24 (金) ~ 2009/07/26 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演 浦島史生(柳川)、こみちみちこ、延命聡子、外山華子、葛井よう子(劇団ZTON)、上田直人(TheRabbitGangTroupe)
脚本 北島淳、(原作/梶井基次郎「冬の日」「闇の書」「檸檬」
演出 北島淳
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2009/06/01
一般前売1,500円、一般ペア前売2,500円、当日2,000円、学生前売1,000円、学生当日1,500円
サイト

http://sedai.main.jp/home/next.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 駅舎のある風景。
女は1本目の電車を待っている。だから、男は2本目の電車を待つことにした。

街へ出ようか/家路に着こうか-。
思料する女の前にはレールがない。もちろん電車は来ない。

畢竟、男は遣る瀬が無くって、立つ瀬も無くなる。「僕はただ電車を待っていただけなのに・・・」。

撃柝の響きが渡るいつもの駅舎の風景。
レモン頭の姉妹が天の川を作り、一方、老婆の背筋は伸びている。

ナントカ世代⑦
近代文学の白眉・梶井基次郎を取り上げた、救いしかないラブストーリーです。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】釈迦谷智
【美術】丸山ともき
【照明】真田貴吉
【メイク・落書】たかつかな(何色何番)
【音響】北島淳
【製作】蚤の市

[情報提供] 2009/05/02 18:40 by Jun Kitajima

[最終更新] 2009/07/28 17:52 by Jun Kitajima

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

Jun Kitajima

Jun Kitajima(0)

演出

脚本と演出と音響を担当したりしています。 久しぶりに...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大