演劇

他力舎プロデュース2009

寿歌

他力舎

エル・パーク仙台 スタジオホール(宮城県)

2009/05/21 (木) ~ 2009/05/23 (土) 公演終了

上演時間:

作品紹介/岸田戯曲賞受賞作家、北村想原作、1979年初演である。以後各地の演劇集団によって上演され続けてきた。30年前の作品ではあるが舞台設定である核戦争後の地方都市は、まるで現在の私達の生活を取り巻く状況を映すように孤独感に満ちている。

あらすじ/核戦争後の東北のある地方都市。家財道具...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/21 (木) ~ 2009/05/23 (土)
劇場 エル・パーク仙台 スタジオホール
出演 菊田由美(劇団無国籍)、菅原みちや(office-over)、朝日雅宏(MJ・Art・Studio)、小畑次郎(他力舎)、橋浦あやの(他力舎)
脚本 北村想
演出 小畑次郎
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,800円
【発売日】
一般前売り 2500円、
高校生以下前売り 1500円 
※当日各300円増し
サイト

http://www.tarikisya.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 作品紹介/岸田戯曲賞受賞作家、北村想原作、1979年初演である。以後各地の演劇集団によって上演され続けてきた。30年前の作品ではあるが舞台設定である核戦争後の地方都市は、まるで現在の私達の生活を取り巻く状況を映すように孤独感に満ちている。

あらすじ/核戦争後の東北のある地方都市。家財道具をリヤカーに積み旅芸人二人がやってくる。そこにヤスオと名乗る男が現れつかの間の三人旅が始まった。やがて町に着き歌や踊りで稼ごうと、いい加減な芸を披露するが思いもよらないアクシデントが起こってしまった。この旅はもうここで終わってしまうのか?それとも何かが始まるのか?
その他注意事項
スタッフ 舞台監督・装置・美術:高橋裕介(劇団I.Q150)
音効:広野淳一(studio・STJ)
照明:亀山季代子

情宣美術:大宮司勇(idographics)
会場BGM:ちわんとぺるmuzak

[情報提供] 2009/04/30 14:36 by モリ

[最終更新] 2010/01/05 14:46 by モリ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大