演劇

アロッタファジャイナ第4回公演

わたしは真悟

デザイン:写真:豊浦正明

0 お気に入りチラシにする

演劇

アロッタファジャイナ第4回公演

わたしは真悟

アロッタファジャイナ

アートボックスホール(東京都)

2004/10/26 (火) ~ 2004/10/31 (日) 公演終了

上演時間:

【楳図かずお原作「わたしは真悟」】
愛を知るには早すぎる。そんな季節に12歳の少年と少女は出会った。ふたりはふたりの子供を作るため、大人の制止を振り切り、東京タワーのテッペンへとよじ登る。そしてふたりは、とうとう地上333メートルの高さから、夜明けの空へと、ダイブした……。そしてその時、奇跡...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2004/10/26 (火) ~ 2004/10/31 (日)
劇場 アートボックスホール
出演 谷口大介、根岸絵美、上野未来、高橋正倫、黒沢翔、藤澤よしはる、新津勇樹、ナカヤマミチコ、武井邦洋、奥村拓、池亀みひろ、安藤ケースケ、朋加、古河浩平、楳図かずお
脚本 松枝佳紀、原作:楳図かずお
演出 松枝佳紀
料金(1枚あたり) 3,000円 ~
【発売日】
前売3000円当日3500円
サイト

http://www.alotf.com/stage/shingo2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【楳図かずお原作「わたしは真悟」】
愛を知るには早すぎる。そんな季節に12歳の少年と少女は出会った。ふたりはふたりの子供を作るため、大人の制止を振り切り、東京タワーのテッペンへとよじ登る。そしてふたりは、とうとう地上333メートルの高さから、夜明けの空へと、ダイブした……。そしてその時、奇跡が起こった。
--------------------------------------------------------------------------------

劇団アロッタファジャイナは日本銀行キャリア出身という異色の経歴を持つ脚本家であり演出家の松枝佳紀が2003年11月1日に立ち上げた劇団です。
今回、劇団ハタアゲからきっかり1年を締めくくるに当たりちょっぴり身分不相応で派手なことをやろうと楳図かずお原作、那須博之監修、上野未来出演、小学館協力というビッグネームをそろえたお芝居を披露することになりました。
原作は、知る人ぞ知るあの奇跡の純愛哲学漫画「わたしは真悟」(小学館刊)です。
世界の中心で愛を叫んだり、冬にソナタを歌ったり、そんな愛の氾濫する世の中ですがこの18年前の作品は、むしろ愛がいかに難しいか、いかに奇跡的なものかを描きます。
具体的な描写が多く、非常に舞台化の難しい作品であると言うことができそうですがそこをどう調理するのかが、今回われわれ劇団の見せ所でもあります。
舞台版「わたしは真悟」。われわれは現代にあの愛の奇跡をよみがえらせます。
奇跡の原作完成から18年。再び、ぼくたちは美しい奇跡を目撃する。
ぜひ、この奇跡を見逃さないようにしてください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/02/23 00:39 by Micchi

[最終更新] 2014/09/06 00:31 by まつがえ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

まつがえ

まつがえ(93)

脚本 演出

作、演出です。でした。

Micchi

Micchi(5)

制作:中山です! 出演もしています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大