演劇

プレ企画「第50回北海道人形劇フェスティバルinあさひかわ」記念

【旭川】てぶくろを買いに/くるみ割り人形

人形劇団プーク

旭川市神楽公民館(北海道)

2009/07/05 (日) ~ 2009/07/05 (日) 公演終了

上演時間:

「てぶくろを買いに」
若くして亡くなった新美南吉の童話「てぶくろを買いに」は、今でもこどもから、おとなまで多くの人に愛されている作品です。  
プーク人形劇場で好評を得たこの作品が全国に旅立ちます。

ーきつねの坊やは、はじめて見た雪と夢中で遊ぶうち、小さな手がこごえてしまいます。かあ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/05 (日) ~ 2009/07/05 (日)
劇場 旭川市神楽公民館
出演 人形劇団プーク
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 3,000円
【発売日】2009/05/15
3歳以上均一1800円
家族券(おふたり)3000円
サイト

http://www.puk.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「てぶくろを買いに」
若くして亡くなった新美南吉の童話「てぶくろを買いに」は、今でもこどもから、おとなまで多くの人に愛されている作品です。  
プーク人形劇場で好評を得たこの作品が全国に旅立ちます。

ーきつねの坊やは、はじめて見た雪と夢中で遊ぶうち、小さな手がこごえてしまいます。かあさんぎつねは、ふもとの町で温かいてぶくろを買ってあげたいと思いました。けれどそこには、きつねをねらう人間が住んでいます・・・。

「くるみ割り人形」
美しいメロディーに載って人形たちが踊り出す。人形劇と音楽の楽しさを同時に、存分に味わって頂きたい・・・
そんな願いがこめられたのが、この作品です。
 音楽は、あなたがきっとどこかで聴いたことがあると思いますが、「白鳥の湖」などたくさんのバレー音楽を作曲したチャイコフスキーの作品の中でもっとも洗練され独創性に富んだ傑作「くるみ割り人形」です。
 美しい旋律、楽しい楽曲にのせて人形たちがつぎつぎ登場する人形劇。
この音楽を人形劇の舞台にすることはプークの長年の夢でした。
 人形劇とひとくちにいっても、そこには長い歴史の中で創られたいろいろな形式の人形があります。糸操り、棒つかい、手遣い、抱え遣い、影絵など、そしてそれぞれの形式の中にまた多様なスタイルの人形が生まれ、その数は数えきれないほどです。
 この作品を構成した川尻泰司は、世界中を訪ね歩いて人形劇の楽しさをトランクいっぱいに詰めて帰り、この作品を仕上げました。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/04/27 13:40 by sachi

[最終更新] 2009/05/16 18:51 by sachi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大