演劇

第9回公演

ジオグラフィア

デザイン:十州(スタジオ・ジッツ)

0 お気に入りチラシにする

演劇

第9回公演

ジオグラフィア

劇団バッコスの祭

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2007/03/23 (金) ~ 2007/03/26 (月) 公演終了

上演時間:

23日(金)19:00
24日(土)14:00/19:00
25日(日)14:00/19:00
26日(月)13:00/18:00
――――――――――――――――――――
極端な話、この世の全てを見渡せば、
自分にとって大切な順に番号がつけられるはずだ。

必ずしも自分の命が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/23 (金) ~ 2007/03/26 (月)
劇場 シアターバビロンの流れのほとりにて
出演 丹羽隆博、辻明佳、雨宮真梨、稲垣佳奈美、森山智仁、吉田稚菜、石田奏子
脚本 森山智仁
演出 森山智仁
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,500円
【発売日】2007/02/01
前売1300円/当日1500円/高校生以下500円
サイト

http://www.geocities.jp/bacoma_info/act/9.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 23日(金)19:00
24日(土)14:00/19:00
25日(日)14:00/19:00
26日(月)13:00/18:00
――――――――――――――――――――
極端な話、この世の全てを見渡せば、
自分にとって大切な順に番号がつけられるはずだ。

必ずしも自分の命が一番とは限らない。
ある他者が、自分の命より大切だということはあり得る。
そういう美しさは紛れもなく存在する。
しかしその一方で、
例えばどこかの国で飢えに苦しむ子どもたちと、
例えばニンテンドーDSではどちらが上なのか。
見えない振りをしても真理は揺るがない。

ここより向こうは「手が届かないから」と、
あるいは都合よく弱肉強食を唱え、
人は割と平気な顔で他人を見捨てたり蹴落としたりする。
そのことを僕は別に嘆いていないし、憤ってもいない。
ただ知りたいだけだ。
そうまでして人は、
果たして何を得ようとしているのか。

自棄になって書いたSF小説。
町を興したい田舎町。
事情を抱えた編集者。
三本のイトが絡み合い、渦巻く闇の向こう側で、
――何かが待ち受けている。
その他注意事項 未就学児童のご入場はお断りしています。
スタッフ 【照明】向井佑,松崎勝久
【写真】鳥海早喜
【宣伝美術】高澤知也

[情報提供] 2007/02/22 22:56 by もり

[最終更新] 2008/07/08 02:07 by かなみ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

たかにぃ

たかにぃ(0)

宣伝美術です。 よろしくお願いします。

まりん

まりん(1)

出演します。衣装もやってます。 もちではないです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大