演劇

「空宙玩具」凧揚げ公演

なだらかな戦線

空宙玩具

七ツ寺共同スタジオ(愛知県)

2009/09/18 (金) ~ 2009/09/20 (日) 公演終了

上演時間:


●あらすじ
あらゆる怪獣を退治してきた科学特別捜査隊(略称科特隊)は、最後に最強の怪獣ゴジラと戦う。激闘の末、多くの隊員の命と引き換えに、ゴジラは倒された。

しかし、日本政府はゴジラをクローン技術と遺伝子操作によって凶暴性を持たない安全な家畜として復活させ、太平洋上の無人島にゴジラ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/18 (金) ~ 2009/09/20 (日)
劇場 七ツ寺共同スタジオ
出演 山内崇裕、大森一摩、吉川和典
脚本 二和進
演出 角田達朗
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】
●一般
当日1500円/前売り1300円

●学生(大学生以下)
当日1300円/前売り1000円
※要学生証
サイト

http://skytoy.michikusa.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
●あらすじ
あらゆる怪獣を退治してきた科学特別捜査隊(略称科特隊)は、最後に最強の怪獣ゴジラと戦う。激闘の末、多くの隊員の命と引き換えに、ゴジラは倒された。

しかし、日本政府はゴジラをクローン技術と遺伝子操作によって凶暴性を持たない安全な家畜として復活させ、太平洋上の無人島にゴジラ飼育施設を建造。世界中の核廃棄物を集める巨大な核処理場として稼働させることを決定する。鉱物資源に乏しい日本が、資源を産出する代わりに終末処理することで莫大な富を得ることを可能にしたのである。

通称「ゴジラ島」。そこでの、ゴジラ飼育施設の管理を任されたのが、科特隊の生き残りであるアラシ、イデだった。怪獣との熾烈な戦いを終えた彼らを持っていたのは、怪獣に餌をやり見守り続ける日々だったのである――。



空宙玩具の旗揚げ公演ならぬ凧揚げ(!?)公演。
個性豊かなメンバーがお送りします。
その他注意事項
スタッフ 原案・演出:角田達朗
脚本:二和進
演出助手:辻村瑛子・吉川和典
制作チーフ:小池未樹
制作:大森一摩
舞台監督:山内崇裕

[情報提供] 2009/04/08 22:11 by ミキ

[最終更新] 2009/04/09 10:50 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ミキ

ミキ(0)

制作チーフやってます。 とりあえず、仮チラにはかなり...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大