ミュージカル

ニッポン放送開局55周年記念公演

GLORY DAYS(グローリー・デイズ)

ニッポン放送

福岡サンパレス(福岡県)

他劇場あり:

2009/07/01 (水) ~ 2009/07/01 (水) 公演終了

上演時間:

2004年のある日、アメリカ・ワシントンD.C.にある演劇学校でミュージカルを教えていた演出家エリック・シェファーのもとに2人の男子大学生がやってきた。ニック・ブレイマイヤとジェームズ・ガーディナーである。2人は自分達が作った曲を聴いてほしいと言った。曲を聴き、シェファーは驚いた。そこには、1...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/01 (水) ~ 2009/07/01 (水)
劇場 福岡サンパレス
出演 西島隆弘(AAA)、伊礼彼方、良知真次、洸平
作曲 NickBlaemire
脚本 JamesGardiner
演出 板垣恭一
料金(1枚あたり) 5,800円 ~ 5,800円
【発売日】2009/05/10
5,800円(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可 ※チケット転売禁止
サイト

http://www.glorydays.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2004年のある日、アメリカ・ワシントンD.C.にある演劇学校でミュージカルを教えていた演出家エリック・シェファーのもとに2人の男子大学生がやってきた。ニック・ブレイマイヤとジェームズ・ガーディナーである。2人は自分達が作った曲を聴いてほしいと言った。曲を聴き、シェファーは驚いた。そこには、10代の人間が感じている友情、大人になることへの不安そして夢が、20歳の2人の実にリアルで、シンプルで、いきいきと躍動感あふれる言葉とメロディでつづられていたのだ。

3年後の2008年1月、「グローリー・デイズ」と名付けられたこのミュージカルは、シェファー自身の演出のもとワシントンD.C.近郊アーリントンで幕を開けて以来、若い観客から圧倒的な支持を得てニューヨークに進出した。 ワシントンD.C.・ニューヨークの観客の心を熱くした舞台が、勢いと実力を兼ね備えた強力キャストと共に2009年6月、海をこえて東京へ…!

高校を卒業して1年が経ったある5月の夜、大学1年生のウィル、スキップ、アンディ、ジャックが母校の校庭に集まった。彼らの高校時代といえば、人気者や先輩にいつもいじめられ、落ちこぼれて冴えないものだったが、そんな中で支えあい、ふざけあって絆を深め、お互いにかけがえのない存在となっていた。親友との久しぶりの再会にはしゃぐ4人。それぞれが大学での新生活について報告しあうなか、1人のある告白が場の雰囲気を一変させる。

無邪気にじゃれあった高校時代には想像もつかなかった仲間の「変化」を目の当たりにし、かつての「Glory Days」には戻れないことを知った4人は、大人への一歩をどう踏み出すのか?
その他注意事項
スタッフ ★Music & Lyrics by Nick Blaemire
★ Book by James Gardiner
★ Vocal Arrangements by Nick Blaemire & Jesse Vargas
★ Music Supervision, Arrangements & Orchestrations by Jesse Vargas

訳詞=高橋亜子
演出=板垣恭一
音楽監督=前嶋康明

★BAND
中村康彦=guitar
渡辺大=bass
加藤直史=drums
前嶋康明=keyboard/conductor
美術=中村公一
照明=吉川ひろこ
音響=山本浩一
衣装=尾崎由佳子
振付=青木美保
歌唱指導=吉川麻衣子
演出助手=福原麻衣
舞台監督=安田武司
舞台製作=加賀谷吉之輔
宣伝・票券=インタースペース
主催・製作=テレビ朝日/ニッポン放送
製作=シーエイティプロデュース

[情報提供] 2009/04/06 21:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/21 23:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大