めんどなさいばん 公演情報 めんどなさいばん」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.5
1-2件 / 2件中
  • 満足度★★★★

    心地よく楽しめたアナログ調の作品
     そんな印象が残った。

     流山児さんの演出は本家の流山児★事務所もパラダイス一座も、この楽塾も、アナログ調の滑らかさと優しさがジワーっと漂い、私にはすごく心地よいのだ。今回は、北村想が1年前位に書き下ろした裁判劇だが、やはりそうでだった。

     千秋楽を観たが、スズナリを埋めた観客の年齢層の実に幅広いこと。こっれってスゴイことだと改めて思った。

     あとはネタバレにて。

    ネタバレBOX

     とある国の裁判員制度で集められた裁判員たち。職業も性格も生い立ちから来る人間性も実に様々で個性的。だから、いざ裁判となると大変だ。そんな裁判員の人間模様が歌あり、踊りありでパワフルに描かれた作品だ。

     北村想独特の劇作タッチと緩さが流山児マジックで面白おかしく分かりやすく伝わってくる。私見だが、それはデジタルな世界ではなく、アナログの持つ滑らかさ、優しさが漂う世界で、観ていて心地よい。ゆったり感覚で安心して観られるのだ。これは、結果として観客の年齢層の実に幅広いこととも関係していると思う。

     もう一つ言えるのは、かなりの頻度で数多くの作品を観ていく私の場合、時が経つと、公演タイトルを忘れたり、タイトルを聞いても内容をすぐには思い出せない作品もないわけではないのだが、流山児さんの作品は違う。いつまでも鮮明に覚えているのだ。今回もずっと忘れないだろう。

     その上で、今回は観ていて、一か所だけ気になったところがあった。それは、最初の証人として登場した喫茶店のマスター。これが事件に関する証言とはまったく関係ない「母の墓」のことを誇張して話す下り。このウケ狙いのシーンは、あまりに長い時間引っ張りすぎで、少々、イライラを感じだ。あとはスズナリの宿命的な席の狭さがいつもながら気になった。今回もかなり長身の立派な体格の女性が前の席に座り、その人がよく体を動かすこと、動かすこと。ふー、疲れました。

     気になったのは、それくらい。あとは心地よく楽しめましたです、はい。
  • 満足度★★★★★

    大満足です(^O^)!
    ザ・スズナリは満員のお客さんで熱気に包まれていました。
    しかもいつもお芝居を見に行く時とは明らかに客層が違う(笑)。
    でも裁判員制度というタイムリーな題材ながら(←終演後役者さんにお話を伺ったら実は台本は去年から出来ていて、その時はこんなにタイムリーな話題になるとは思っていなかったそうです)、老若男女誰でも楽しめる…楽塾ならではの“セリフ劇”でした。
    でもやっぱり歌も踊りもありまして…どこかで1度は聞いた聞き馴染みのあるメロディの数々もとても心地よかったです。

    私がいつも楽塾や流山児★事務所の作品を見ていて思うのは、とにかく予測のつかない舞台だなということなんです。
    他の劇団さんの舞台を見た場合話が進むにつれてある程度結末が予測できちゃったりすることがあるんですが(^_^;)…もちろんお話自体もすばらしいんですけど、流山児さんの演出がすごいなぁと思うのは絶対に予定調和にならないこと。
    楽しくてホロッとさせられて…という絶妙な匙加減に加えて、大小の何でこーなるの?的な伏線から想像のつかない大どんでん返しの結末というのが流山児さん流の演出なんだなと思うし、それが大好きな私なのです(^^)。

    そして何がすごいって、楽塾のみなさんとってもパワフルで元気!
    とても平均年齢56歳とは思えません!
    ホントにみなさん生き生きしてらっしゃって、逆に私がパワーをいただいて帰ってきました。
    私も頑張らなくちゃ(^^)。
    流山児さん!そして楽塾のみなさん!!楽しい時間をありがとうございました!!!
    千秋楽までお身体に気を付けて頑張ってください(^-^)/!

    ちなみに次回の楽塾は来年…GW公演だそうです(←『めんどなさいばん』パンフの流山児さんのご挨拶より)。
    佃典彦さん書き下ろしの新作だとか…来年のことを言うと鬼が笑う(←しかもまだ公演中)けど、ますますこれからの楽塾が楽しみになりました!

このページのQRコードです。

拡大