演劇

仙台文学館開館10周年記念公演 熊谷盛presents

劇団麦第94回公演

頭痛肩こり樋口一葉

デザイン:蝦名竜大

0 お気に入りチラシにする

演劇

仙台文学館開館10周年記念公演 熊谷盛presents

頭痛肩こり樋口一葉

劇団麦第94回公演

劇団麦

エル・パーク仙台 スタジオホール(宮城県)

2009/07/18 (土) ~ 2009/07/20 (月) 公演終了

上演時間:

8月という月から何を連想しますか?原爆、終戦そして日航機墜落事故…。何かと「死」にまつわる出来事が多いのも事実。反面、核家族化が進む今、祖父母や親戚が一堂に会するのは盆の時期と記憶している方も多いのでは? 子供達には楽しい思い出、大人達にはある意味、頭痛肩こりを伴う時期でもありますが、それゆえ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/18 (土) ~ 2009/07/20 (月)
劇場 エル・パーク仙台 スタジオホール
出演 tomo、時武裕子、古川麻衣子、相楽愛心、緒方あも、阿部夏絵
脚本 井上ひさし
演出 熊谷盛
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2009/04/21
大人 前売2,000円(当日2,500円)
小人 前売1,000円(当日1,500円)
サイト

http://www.mugi1964.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 8月という月から何を連想しますか?原爆、終戦そして日航機墜落事故…。何かと「死」にまつわる出来事が多いのも事実。反面、核家族化が進む今、祖父母や親戚が一堂に会するのは盆の時期と記憶している方も多いのでは? 子供達には楽しい思い出、大人達にはある意味、頭痛肩こりを伴う時期でもありますが、それゆえに家族の生を感じることが出来る筈。そんな生と死を連想させる盆の16日を舞台に女流作家樋口一葉の短くもひたむきな生涯を辿る。そこから垣間見えるのは人の『生と死』の意味…。

井上ひさしの傑作戯曲を劇団麦主宰熊谷盛が渾身の力を込めてお贈りする「頭痛肩こり樋口一葉」。観劇の日を境に、あなたの5千円札を見る目が変わることでしょう。
その他注意事項 7月18日(土)13時の公演には託児サービスがあります。
スタッフ 照明 高橋アキ
音響 高柳あゆこ

[情報提供] 2009/04/03 12:41 by とっきー

[最終更新] 2010/01/05 14:52 by とっきー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

おなつ

おなつ(0)

ちょこちょこ出ます

とっきー

とっきー(0)

出演します。 制作も担当しています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大