演劇

流星揚羽第4回公演

東都灯綺譚

デザイン:武田 朋子(有限会社オフィスブーケ)

0 お気に入りチラシにする

演劇

流星揚羽第4回公演

東都灯綺譚

流星揚羽

萬劇場(東京都)

2009/07/30 (木) ~ 2009/08/02 (日) 公演終了

上演時間:

☆当日券ございます!ぜひご来場ください♪

舞台は明治という時代を迎えた帝都、東京。
文明開化と騒がれる中で、期待の新星として文壇に現れた逢坂愉理男。
彼の小説は民衆に熱狂的な支持を受けて、あっという間に広まったが、
その内容に沿って起こる殺人事件が相次ぐようになった……。

新...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/30 (木) ~ 2009/08/02 (日)
劇場 萬劇場
出演 松尾美香、小川カズ、加藤智彩、山口健介、三浦久枝、林充晃、平島茜(オフィスPSC)、朝日信晴(ARROWSPRO)、鈴木充範、茶圓義信、石山慶、小林肇、砥石順子
脚本 松尾美香
演出 松尾美香
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】2009/05/30
前売り\2800 / 当日\3000
サイト

http://ryuseiageha.gozaru.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ☆当日券ございます!ぜひご来場ください♪

舞台は明治という時代を迎えた帝都、東京。
文明開化と騒がれる中で、期待の新星として文壇に現れた逢坂愉理男。
彼の小説は民衆に熱狂的な支持を受けて、あっという間に広まったが、
その内容に沿って起こる殺人事件が相次ぐようになった……。

新たに真実を伝える新聞を作ろうと夢に燃える青年・秋代宣太は、
事務所に居つく探偵、十六夜未紅とその助手と共に、事件の真相に迫ろうとする。
しかし事件に絡む組織を通して、向かい合うことになるのは、まさに彼ら自身の過去だった……。
劇的な進化を遂げる時代の中で、変わるもの、変えられないもの。
街を照らす明かりの中に浮び上るその場所は、誰もが知る己の在り処。
その他注意事項 HP:http://ryuseiageha.gozaru.jp/
メール:ryusei-ageha@hotmail.co.jp
スタッフ

[情報提供] 2009/04/01 22:43 by あさみるきぃ

[最終更新] 2009/08/06 22:38 by あさみるきぃ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー16

茜

(0)

茜よ。

けんけん

けんけん(0)

けんけんです

隊長

隊長(0)

携わっています

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大