演劇

さいたまゴールド・シアター第3回公演

アンドゥ家の一夜

さいたまゴールド・シアター

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール(埼玉県)

2009/06/18 (木) ~ 2009/07/01 (水) 公演終了

上演時間:

異色のタッグがついに実現!!
蜷川幸雄とケラリーノ・サンドロヴィッチの初顔合わせで贈る、
さいたまゴールド・シアター最新作。

55歳以上の団員による演劇集団さいたまゴールド・シアター。
蜷川幸雄をして“世界で一番過激”と言わしめるこの集団に、今年46歳のケラリーノ・サンドロヴィッチ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/18 (木) ~ 2009/07/01 (水)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
出演 さいたまゴールド・シアター
脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 2,700円 ~ 3,000円
【発売日】2009/04/18
一般:3,000円 メンバーズ:2,700円
サイト

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2009/p0618.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 異色のタッグがついに実現!!
蜷川幸雄とケラリーノ・サンドロヴィッチの初顔合わせで贈る、
さいたまゴールド・シアター最新作。

55歳以上の団員による演劇集団さいたまゴールド・シアター。
蜷川幸雄をして“世界で一番過激”と言わしめるこの集団に、今年46歳のケラリーノ・サンドロヴィッチが新作を書き下ろす。
ナンセンス・コメディの旗手として名を馳せ、劇団ナイロン100℃を率いるケラリーノ・サンドロヴィッチは、近年、数々のプロデュース公演、映画にも進出し、今や日本屈指の多忙・多作の劇作家・演出家。かつて35名の若手俳優に向けた作品を書き下ろしたことのあるケラリーノ・サンドロヴィッチだが、今回はそれを上回る42名の群像劇を書き下ろす。そして、そのKERA戯曲に挑戦するは初顔合わせの演出家・蜷川幸雄。平均年齢70歳、最高齢83歳のさいたまゴールド・シアターを率いてKERA戯曲を迎え討つ! この過激な試みが生み出す世界は、私たちの想像を遙かに超えるものに違いない――。

彼らが50年ぶりの再会を果たしたのは、学生時代の恩師、安藤の危篤の報せを受け取ったからだ。そこはポルトガルに建つ安藤先生の豪邸。隣家の老夫婦は「アンドウ」が発音しにくいのか、「アンドゥ」と呼ぶ。やがて「最期の瞬間」に立ち合うべく集まる、アンドゥの人生を彩ったたくさんの人々。あたかも全員が揃うのを待つかのように続く、アンドゥの小康状態――――

人生の終焉を目前にした男と、彼をとりまく人々を独自の視点で見つめ、この世の不条理と、人間の愚かさ、逞しさをユーモラスに描く、ケラリーノ・サンドロヴィッチ渾身のブラック・ファンタジィ。
その他注意事項
スタッフ 作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:蜷川幸雄
出演:さいたまゴールド・シアター

[情報提供] 2009/03/30 23:36 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/04/21 19:47 by マリンバ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大