宝塚歌劇団

東京宝塚劇場(東京都)

他劇場あり:

2009/03/27 (金) ~ 2009/04/26 (日) 公演終了

上演時間:

Musical
『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』−愛する我が街−
作・演出/植田景子

[解 説]
 20世紀初頭、アメリカ南部の港町ニューオリンズ。フランス植民地時代の名残と、白人と黒人の混血であるクレオールの文化、スペイン、カリブ……様々...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/27 (金) ~ 2009/04/26 (日)
劇場 東京宝塚劇場
出演 英真なおき、万里柚美、にしき愛、朝峰ひかり、安蘭けい、他
作曲
脚本 植田景子、藤井大介
演出 植田景子、藤井大介
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 11,000円
【発売日】2009/02/22
SS席 11,000円、S席 8,000円、A席 5,500円、B席 3,500円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/105/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Musical
『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』−愛する我が街−
作・演出/植田景子

[解 説]
 20世紀初頭、アメリカ南部の港町ニューオリンズ。フランス植民地時代の名残と、白人と黒人の混血であるクレオールの文化、スペイン、カリブ……様々な人種と文化が入り混じり、独特の芳香を放っていたこの街は、いたる所に音楽が溢れ、人々の生活は、常に音楽と共にあった。ジャズ発祥の地と言われる、このニューオリンズの貧民街に生まれ、歌うことに希望を見出して生きたクレオールの青年と、エキゾティックな美貌で男心を捉える薄幸の美女との出会いと運命を軸に、音楽を通して生きる勇気を育み、どんな運命にも、明るくたくましく生き抜こうとした人々を描くミュージカル。

レビュー・ファンタスティーク
『ア ビヤント』
作・演出/藤井大介

[解 説]
 「ア ビヤント」は、フランス語で「またね!」という意味。パリの街にポツンとたたずむ取り壊された一軒のレビュー小屋。時の妖精が一晩だけの夢を叶えるために劇場に明かりを灯すと、一夜きりの輝くばかりのステージが甦る……。劇場に集う人々、スター達の様々な思いを綴った、クラシカルでロマンティックな夢の詰まったレビュー作品。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2008/11/30 22:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/29 23:31 by おりこうくまさん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大