弾丸MAMAER

ザ・ポケット(東京都)

2009/04/17 (金) ~ 2009/04/26 (日) 公演終了

上演時間:

世間が驚倒した、昭和11年2月26日・雪。
その日、襲撃された首相官邸の女中部屋では、何が行なわれていたのか。
“昭和維新”断行のため決起した青年将校らに囲まれる中、実は隠密に生きていた総理と、実は総理救出のため乗り込んできた憲兵たちと、実は総理をさほど好きではなかった女中たちと、実は空腹...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/04/17 (金) ~ 2009/04/26 (日)
劇場 ザ・ポケット
出演 中村哲人、山口晶由、河合伸之、川崎清美、田仲晶、染谷恵子、木村慎一、安藤純、沢樹くるみ(junction)、小林香織(ワンダー・プロ)、坂田久美子(J.CLIP)、森本73子(E-sprinG)、田中しげ美、椿克之(TEAMJAPANSPEC.)、土田卓、市川草太、櫛部哲史、宮下千恵、榎本舞、坂井幸恵、田村理絵
脚本 竹重洋平
演出 竹重洋平
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,800円
【発売日】2009/02/14
<全席指定・税込み>
前売:3500円 当日:3800円 学生:3200円(劇団扱いのみ・要学生証提示)  
平日昼:3200円 リピーター:2000円(劇団扱いのみ)
サイト

http://www.dangan-mamaer.com/next/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 世間が驚倒した、昭和11年2月26日・雪。
その日、襲撃された首相官邸の女中部屋では、何が行なわれていたのか。
“昭和維新”断行のため決起した青年将校らに囲まれる中、実は隠密に生きていた総理と、実は総理救出のため乗り込んできた憲兵たちと、実は総理をさほど好きではなかった女中たちと、実は空腹だった叛乱軍の、偽りだらけの探り合い。
誰が敵か味方か分からずに、一寸先は世の物笑いか、犬死にか。
デマとデマが乱れ飛び、男と女が戯れた、前代未聞の陰謀劇。
弾丸MAMAER、待望の新作!
ポケットサイズで観れる、昭和史最大のクーデター『二・二六事件』!
未だかつて明かされていない、スリルと笑いの“裏面史”がここに!
4月!いつもより長い10日間!あなたは3回観たくなる―

08年の『吾はイモなりイモなり』『昭和スキャンティ』に続く昭和シリーズの最新作。
しかも題材は長年温めてきた<二・二六事件>を遂に舞台化する。
歴史を扱うとなると「堅そう」「難しそう」という声が聞こえてきそうだが、作・演出の竹重氏はこう語る。
「大いなる笑いをもって二・二六事件をぶった斬ります。」
約一年ぶりの新作に、相当な気合いと覚悟と自信をもって筆を取る竹重氏。
国内初のクーデターを果たしてどのように笑いへと昇華するのか・・・!?
初めての劇場、初めてのプチロング公演、初めての二・二六事件。
史実のパロディストが、圧倒的なスケールで描く『デマゴギー226』。
演劇界に、新たなる1ページが刻まれる瞬間を、見逃すな―
その他注意事項
スタッフ 作・演出:竹重洋平

[情報提供] 2009/03/26 11:29 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/04/22 10:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大