舞踊・バレエ

Nibroll

愛知県芸術劇場 小ホール(愛知県)

2009/03/25 (水) ~ 2009/03/26 (木) 公演終了

上演時間:

「あいちトリエンナーレ2010」では、ダンス、音楽、演劇等の舞台芸術と、先鋭的な美術表現とが一体化した「複合舞台芸術」の公演を予定しています。 「Nibroll (ニブロール)」は、振付家、映像作家、音楽家、ファッションデザイナー、照明美術家など各界で活躍するディレクター集団で構成され、最先端...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/25 (水) ~ 2009/03/26 (木)
劇場 愛知県芸術劇場 小ホール
出演 足立智充、たかぎまゆ、黒田杏菜、原田悠、橋本規靖、福島彩子、陽茂弥、矢内原美邦
演出
振付 矢内原美邦
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2009/02/01
料金(日時指定・全席自由)
前売 2,500円 当日3,000円 学生(前売のみ)2,000円
当日受付にて学生証を提示して頂きます。
4歳より入場できます。(要チケット)
※学生券は、愛知芸術文化センター内プレイガイドのみの販売となります。
サイト

http://precog-jp.net/2009/03/no_direction_6.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「あいちトリエンナーレ2010」では、ダンス、音楽、演劇等の舞台芸術と、先鋭的な美術表現とが一体化した「複合舞台芸術」の公演を予定しています。 「Nibroll (ニブロール)」は、振付家、映像作家、音楽家、ファッションデザイナー、照明美術家など各界で活躍するディレクター集団で構成され、最先端の「複合舞台芸術」を展開するアーティストグループとして国内外で活躍しています。 そのNibrollが愛知に初めてやってきます。 是非この公演をご覧頂き、「複合舞台芸術」のイメージを膨らませてください。この機会をお見逃しなく!

自然の営みと、都市の生活。公と私。ジェンダー、宗教、ルール、テレビで流れるニュース。私とそこにある椅子、あなたとそこに偶然落ちている石…。21世紀以降、「ある一つの価値観」に向かって進んでいる世界状況の中で、それぞれの距離と関係性のあり方を問う意欲作。世界はひとつ、ではない。見えている世界は、どこまでもバラバラで、でもどこかで繋がっている。
その他注意事項
スタッフ 振付 ・出演:矢内原美邦
Choreographer and Dancer: Mikuni Yanaihara
映像:高橋啓祐
Movie Director: Keisuke Takahashi
衣装:矢内原充志
Costume Designer: Mitsushi Yanaihara
照明:滝之入海
Lighting Designer: Kai Takinoiri
音楽:スカンク
Music: SKANK
美術:久野啓太郎
Art: Keitaro Hisano
制作:伊藤剛
Producer: Takeshi Ito

出演:足立智充 たかぎまゆ 黒田杏菜 原田悠 橋本規靖 福島彩子 陽茂弥
(※諸事情により、出演を予定しておりました「木村美那子」から「たかぎまゆ」に 変更になりました。)
Dancers: Tomomitsu Adachi, Mayu Takagi, Anna Kuroda, Yu Harada, Noriyasu Hashimoto, Ayako Fukushima, Yo Shigeya

主催:あいちトリエンナーレ実行委員会
企画制作協力:愛知県文化情報センター
制作協力:Precog, alfalfa

[情報提供] 2009/03/24 11:25 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/24 11:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大