舞踊・バレエ

Bunkamura20周年記念企画

ニューヨーク・シティ・バレエ

Bunkamura

Bunkamuraオーチャードホール(東京都)

2009/10/08 (木) ~ 2009/10/12 (月) 公演終了

上演時間:

今秋、20世紀最大の振付家ジョージ・バランシンが世界最高峰のバレエ団に育て上げたニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)が、Bunkamura20周年を記念して、2004年以来5年ぶりの来日公演を行います。
今回の来日公演では、バレエファンならずとも見逃せない魅力あふれる多彩な3つのプログラ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/08 (木) ~ 2009/10/12 (月)
劇場 Bunkamuraオーチャードホール
出演 ニューヨーク・シティ・バレエ
演出
振付 バランシン、ロビンズ、ラトマンスキー
料金(1枚あたり) 9,000円 ~ 49,500円
【発売日】2009/04/12
3演目(Aプロ・Bプロ・Cプロ)Sセット券 ¥49,500
1演目券(各演目共)S¥18,000 A¥14,000 B¥9,000(税込)
※セット券は各演目ごとに公演日をお選びいただけます。
限定枚数の販売となります。
Bunkamuraチケットセンター、キョードー東京チケットセンター(4/12(日)~のみ)での取扱いとなります。
※3演目S席セット券 2009/4/12(日)一般発売開始
※1演目券 2009/5/17(日)一般発売開始
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/shosai_09_nycb.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今秋、20世紀最大の振付家ジョージ・バランシンが世界最高峰のバレエ団に育て上げたニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)が、Bunkamura20周年を記念して、2004年以来5年ぶりの来日公演を行います。
今回の来日公演では、バレエファンならずとも見逃せない魅力あふれる多彩な3つのプログラムを予定しています。バランシン、ロビンズの代表作の数々はもちろん、彩り豊かなラインナップとなっております。
また、総勢120名を超えるNYCBの層の厚いダンサーの卓越したテクニックは、必見です。バランシン・バレエに不可欠の条件…音楽的感性に優れ、エレガントでスタイリッシュ、加えて高度なテクニックを持ったダンサーたちの、とにかくスピーディーなステップの連続と切れのよさは、見る者を驚嘆させることでしょう。
独自の芸術指針を掲げ、独自の財政基盤に支えられた、世界に冠たるバレエ団NYCB。前回の来日公演で繰り広げられたチケット争奪戦を上回る期待度で、今秋、東京のみの7回公演。絶対に見逃せない、世界最高峰の芸術をご堪能ください。
その他注意事項
スタッフ 【Aプログラム(●)】
 「セレナーデ」(振付:バランシン/音楽:チャイコフスキー)
 「アゴン」(振付:バランシン 音楽:ストラヴィンスキー)
 「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」(振付:バランシン/音楽:チャイコフスキー)
 「ウエスト・サイド・ストーリー組曲」 (振付:ロビンズ/音楽:バーンスタイン)

【Bプログラム(●)】
 「コンチェルトDSCH」(振付:ラトマンスキー /音楽:ショスタコーヴィチ)
 「バーバー・ヴァイオリン・コンチェルト」 (振付:マーティンス/音楽:バーバー)
 「タランテラ」 (振付:バランシン/音楽:ゴットシャルク)
 「チャイコフスキー・ピアノ・コンチェルト#2」 (振付:バランシン/音楽:チャイコフスキー)

【Cプログラム(◎)】
 「グラツィオーソ」 (振付:マーティンス/音楽:グリンカ)
 「アフター・ザ・レイン」(振付:ウィールドン/音楽:ペルト)
 「ダンシズ・アット・ア・ギャザリング」(振付:ロビンズ/音楽:ショパン)
 「シンフォニー・イン・スリー・ムーヴメント」 (振付:バランシン/音楽:ストラヴィンスキー)

管弦楽:新日本ハーモニー交響楽団

※表記のプログラムは2009年2月26日現在の予定です。やむを得ない事情により変更になる場合がありますので予めご了承ください。

[情報提供] 2009/03/23 11:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/04/20 22:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大