創像工房 in front of.

慶應義塾大学日吉キャンパス塾生会館(神奈川県)

2009/03/19 (木) ~ 2009/03/22 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ

山の裾野に広がる小さな村。
村には、山そのものを御神体とした神社があり、人々は豊作から生死まで全てのことをこの神社に祈る。
山の中腹には、70年代に建てられた古びた祖父の家がある。

祖父の家の取り壊しを前に久々にあった従兄妹たち。
それぞれが思いを巡らすのはそれぞれ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/19 (木) ~ 2009/03/22 (日)
劇場 慶應義塾大学日吉キャンパス塾生会館
出演 木下崇祥、酒井桃子、瀬戸宏一(東京凡人座)、宮本千鶴(東京凡人座)、佃梓央
脚本 佃梓央
演出 佃梓央
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】
前売り800円、当日1000円
初回割引500円、学割500円(要学生証提示)
サイト

http://www.sozokobo.com/~soremade/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ

山の裾野に広がる小さな村。
村には、山そのものを御神体とした神社があり、人々は豊作から生死まで全てのことをこの神社に祈る。
山の中腹には、70年代に建てられた古びた祖父の家がある。

祖父の家の取り壊しを前に久々にあった従兄妹たち。
それぞれが思いを巡らすのはそれぞれのことで。

----------

2009.03.29(Sun) 「ワッショイ!」
はい、今日は、東京から離れてお送りします。
今日は、年に二度のお祭りということで、村全体が、活気に満ちております。
はい、こちら、青年団の方です。今日は、どういったお祭りなんですか?
……あー、なるほどなるほど。
で、今日はその、お守りを、持ってきていただきましたー。
わかりますか?こちらですこちら。えー。ちょっとかわいいでしょ?
スタジオにも持って帰りまーす。


「それまでの話」について
創像工房 in front of. 所属の佃梓央による2作目の脚本・演出作品。
日常の雑然とした会話がなぜ成立するかに着目し、人が無自覚にもってしまっている前提を浮き彫りにすることを目指している。
その他注意事項
スタッフ 【舞台美術】栗林茉澄 相原康平 小倉苑子 加藤太亮 時政大雄
【照明】藤谷遥 小川洋次郎 島田真吾 原岡岳穂 松本望 吉田英二
【音響】石黒潤也 井上翠
【映像】吉岡直祐 石黒潤也 大橋秀行 橋爪知博
【衣装】斎藤文 今井勇紀
【宣伝美術】後藤隆宏 嶋香織 下山あゆみ
【制作】新垣愛帆 飯田直人 上野友実 高草木淳一 千智雄 藤森将健
【演出助手】大山修一郎
【舞台監督】角北龍

[情報提供] 2009/03/12 18:13 by いーちゃん

[最終更新] 2009/03/12 18:38 by いーちゃん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ごんしんご

ごんしんご(7)

照明やらさせていただきました

がーく

がーく(0)

光とか当ててます

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大