演劇

【草加・船橋】すてきな3にんぐみ〜もうひとつの話〜

平成18年度「厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財」

人形劇団プーク

船橋市民文化ホール(千葉県)

他劇場あり:

2009/05/06 (水) ~ 2009/05/06 (水) 公演終了

上演時間:

今回ごらんいただくお芝居は、絵本でだれでも知っている「すてきな三にんぐみ」のお話しがもとになっています。  
 その絵本をつくった原作者のトミー・アンゲラーは、人々から恐ろしいとこわがられている山賊の3人組と天真らんまんな少女との交流をとおして人間の心の奥にある本当の優しさとその美しさを絵本...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/06 (水) ~ 2009/05/06 (水)
劇場 船橋市民文化ホール
出演 人形劇団プーク
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~
【発売日】
3歳以上均一
サイト

http://www.puk.jp/calender.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今回ごらんいただくお芝居は、絵本でだれでも知っている「すてきな三にんぐみ」のお話しがもとになっています。  
 その絵本をつくった原作者のトミー・アンゲラーは、人々から恐ろしいとこわがられている山賊の3人組と天真らんまんな少女との交流をとおして人間の心の奥にある本当の優しさとその美しさを絵本に託しました。  
 今回のプークの舞台は、その絵本の心を大切にしながら、おかしなおかしな3人組を登場させて、原作をとびこえるようなおかしくてユーモラスな笑いに溢れた舞台をお届けします。  
 お芝居を観る子どもたちが、心の扉をおもいきりあけて、舞台から届けられる優しさや笑いで楽しい気持ちになれますように。

その他注意事項 1幕 50分 休憩15分 2幕 45分 計1時間50分

スタッフ 作/トミーアンゲラー 
脚本/吉川安志  演出/柴崎喜彦 美術/佐久間弥生 音楽/山下康介
 照明/鷲崎淳一郎 効果/吉川安志 舞台監督/伊井治彦 制作/清水治信 宣伝美術/内野洋一

[情報提供] 2009/03/07 12:03 by sachi

[最終更新] 2009/03/07 12:12 by sachi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大