演劇

第8回公演 音楽劇

新・義経記

儚きこと淡雪の如く

演劇集団呼華

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2009/05/02 (土) ~ 2009/05/03 (日) 公演終了

上演時間:

平治元年(1159年)京都。「牛若」誕生。
一の谷・壇ノ浦で、鬼神の如く平家を滅ぼした
のちの「源義経」である。

平清盛に父を殺され母を奪われ、家族の愛を知らず、
一人鞍馬寺にて稚児「遮那王」として養育される。
出生を知らされた遮那王は
自ら元服し「源九郎義経」と名乗り、
治...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/02 (土) ~ 2009/05/03 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 貴杏あずま、軸丸みどり、京山琴佳、鈴風あすか、他
脚本 心観
演出 貴杏あずま
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】2009/03/07
サイト

http://www.kohana.co.jp/kohana/p/news.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 平治元年(1159年)京都。「牛若」誕生。
一の谷・壇ノ浦で、鬼神の如く平家を滅ぼした
のちの「源義経」である。

平清盛に父を殺され母を奪われ、家族の愛を知らず、
一人鞍馬寺にて稚児「遮那王」として養育される。
出生を知らされた遮那王は
自ら元服し「源九郎義経」と名乗り、
治承4年(1180年)
源氏再興の志に燃える兄頼朝の挙兵にかけつける。
「共に涙にむせび給ふ。
互に心のゆく程泣きて・・・」
兄弟の出会い・・・運命の歯車が回り始めたのである。

文治元年(1185年)。
義経は兄頼朝に追われ、ついに都落ちをする・・・

衣裳は毎回デザイナーの方にお願いし
歌・ダンスシーンを織り交ぜた、熱く美しい音楽劇。

装いも新たに、第七回公演「義経」をドラマチック改演!
同じ演目が、どのような変貌を遂げるのか!?
あの役は?あのシーンは?あの舞は???
義経と静は一人二役!やはり弁慶は女性が演じるのか!
・・・あなたの瞳で、新しい呼華の「新・義経記」を確かめて下さい・・・
その他注意事項
スタッフ 演出/貴杏 あずま 
脚本/心観
演出補佐・音考/珠羅
舞台監督/伊藤 清一 
照明/Lighting Terrace LEPUS
音響/石井 敏之
音楽/藤弥・AZUMA
振付・所作/京山 琴佳
衣裳/摩耶
チラシ写真撮影/MIZUKI
かつら/じゃねっと
ネイルアート/金子 康之
宣伝美術/雪月花舞
Special thanks/
     徳島 ゆき
     なんば のぞみ
協力/華華座
*
制作:演劇集団 呼華

[情報提供] 2009/02/24 01:48 by Midori

[最終更新] 2009/07/30 14:36 by Midori

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大