演劇

鬼の如く、地獄の如く、恋の如く

〜強くて熱くて甘いのですよ〜

Dotoo!

駅前劇場(東京都)

2009/03/18 (水) ~ 2009/03/25 (水) 公演終了

上演時間:

1913年(大正2年)、銀座にブラジルコーヒーのカフェがオープンした。芥川龍之介、高村光太郎、菊池寛、与謝野晶子、宮沢賢治、平塚らいてう、北原白秋など、多くの文士が通った大正ロマンに代表される珈琲文化発祥の地。「銀座にブラジルコーヒーを飲みに行こう」というのが「銀ブラ」の語源だとも言われている...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/18 (水) ~ 2009/03/25 (水)
劇場 駅前劇場
出演 桜岡あつこ、平川和宏、片平光彦、二村愛、三上綾、デ☆ら、青木拓也、片山裕亮、ヨシケン(動物電気)、井川千尋(アロッタファジャイナ)、松下哲
脚本 福田卓郎
演出 福田卓郎
料金(1枚あたり) 3,800円 ~
【発売日】2009/02/15
前売り&当日とも
サイト

http://do-mo.com/OGK/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1913年(大正2年)、銀座にブラジルコーヒーのカフェがオープンした。芥川龍之介、高村光太郎、菊池寛、与謝野晶子、宮沢賢治、平塚らいてう、北原白秋など、多くの文士が通った大正ロマンに代表される珈琲文化発祥の地。「銀座にブラジルコーヒーを飲みに行こう」というのが「銀ブラ」の語源だとも言われている。店主はコーヒーの普及に命をかける男、集まる客は一筋縄ではいかない曲者ぞろい、そんな店が現代まで営業を続けていたのだが、この不況で経営がピンチ!そんな時、東京を地震が襲う‥‥今回の物語は実在するカフェをモデルに描く架空の珈琲譚。「鬼の如く強く、地獄の如く熱く、恋の如く甘く」というキャッチフレーズで売り出したブラジルコーヒーのような魅力にあふれた若者たちの情熱の香りを面白不思議にお届けします。
その他注意事項
スタッフ 美術:西川成美  照明:田所太郎
音響:小笠原康雅(OFFICE my on) 舞台監督:赤坂有紀子
大道具:イトウ舞台  宣伝美術:ラブ&ピース川津
制作協力:オフィス・REN  写真協力:高橋芳(JPA) 
協力:ちぃ〜む1K route one アロッタファジャイナ 動物電気 (株)豪勢堂 (有)オフィストーク
サポート:初田せつ 東海林奈美 森下いづみ  制作:ドトォ! 製作:Dotoo!

[情報提供] 2009/02/23 13:42 by 9629

[最終更新] 2009/05/07 15:54 by 9629

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ちひろん☆

ちひろん☆(0)

伊藤野枝 役の 井川千尋です☆

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大