演劇

笑撃武芸団劇場公演

絵師三部作 第一部~写楽~

笑撃武芸団

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2009/04/03 (金) ~ 2009/04/04 (土) 公演終了

上演時間:

絵師三部作 第一部~『写楽』~
・・・・・・・・・・・・・
時代を駆け抜けた三人の絵師の生涯を通じ、男の、女の・・・
人間の生きる事を生々しく浮かび上がらせてゆく
・・・・・・・・・・・・・
名を持たず江戸の町で一人、春を売る遊女。
女は心の拠り所に男の寝顔を描いた。
行くあて...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/04/03 (金) ~ 2009/04/04 (土)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 竹阿弥雪舟、貴鳳左依、藤澤祥章、佐々木ミツル、Licaco、東秀葛絵青、西村快人、竹田有美香、稲垣雅之、斎藤やす
脚本 佐々木ミツル
演出 貴鳳左依
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】2009/01/10
前売り2,800円、当日3,000円
サイト

http://syogeki.com/esi3.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 絵師三部作 第一部~『写楽』~
・・・・・・・・・・・・・
時代を駆け抜けた三人の絵師の生涯を通じ、男の、女の・・・
人間の生きる事を生々しく浮かび上がらせてゆく
・・・・・・・・・・・・・
名を持たず江戸の町で一人、春を売る遊女。
女は心の拠り所に男の寝顔を描いた。
行くあての無い男は今日もただ町に出る。
些細な出会いが少しのすれ違いを生み、
歯車は回りだした・・・
女が惚れたのは、
うだつの上がらない若い男と寡黙で真面目な男。
私の中に二人の男が居る。
男は黙って女の絵を売った。蔦谷重三郎は己の野心の為に心を売った。女の描いた絵は瞬く間に人々を魅了していく。
わずか10ヵ月の間に300点以上もの浮世絵を世に送り出した
謎の絵師 東州斎写楽
虚像と実像が入り乱れた新しい物語が
いま、はじまる。
その他注意事項
スタッフ 音楽:増田俊郎
音響:佐藤武紀
絵師:東秀葛 絵青

[情報提供] 2009/02/22 23:11 by cmcスタッフ

[最終更新] 2009/02/22 23:23 by cmcスタッフ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大