演劇

アクサル第10回公演

BANANA FISH

_

新国立劇場 中劇場(東京都)

他劇場あり:

2009/04/18 (土) ~ 2009/04/19 (日) 公演終了

上演時間:

「死を招く魚・・・BANANA FISH」

1973年、ベトナム。一人の兵士が銃を乱射し同僚を射殺した。
「バナナフィッシュ…」最後に謎の言葉を残し彼は廃人と化した。

…1985年、ニューヨーク。IQ200の知能に超一級の戦闘能力をあわせもつ少年アッシュ・リンクス。
暴力と抗...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/04/18 (土) ~ 2009/04/19 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 柄谷吾史、田中照人、古川貴生、山本健史、加藤巨樹、武原広幸、田渕法明、横山敬、小野賢章、宮下雄也(RUN&GUN)
脚本 吉谷光太郎
演出 吉谷光太郎
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 7,500円
【発売日】2009/03/01
前売 7,000円 当日7,500円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はお断りいたします
サイト

http://www.blue-shuttle.com/axle/stage.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「死を招く魚・・・BANANA FISH」

1973年、ベトナム。一人の兵士が銃を乱射し同僚を射殺した。
「バナナフィッシュ…」最後に謎の言葉を残し彼は廃人と化した。

…1985年、ニューヨーク。IQ200の知能に超一級の戦闘能力をあわせもつ少年アッシュ・リンクス。
暴力と抗争に血塗られた街でストリート・キッズを束ねるアッシュと日本から来たごく普通の少年、奥村英二の運命的な出会い。
2人にはバナナフィッシュをめぐる巨大な陰謀との戦いがせまっていた。

少女漫画の枠を超え、あらゆる世代に感動と共感を呼び起こした吉田秋生の傑作コミック「BANANA FISH」を舞台化。

陰謀、抗争、友情、孤独、裏切り、救済、死…アメリカを舞台に描かれる少年たちの戦いと友情の日々。
その他注意事項
スタッフ 原作:吉田秋生

[情報提供] 2009/02/21 12:25 by 華崎

[最終更新] 2009/04/19 21:41 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大