宝塚歌劇団

昭和女子大学 人見記念講堂(東京都)

他劇場あり:

2009/03/25 (水) ~ 2009/03/27 (金) 公演終了

上演時間:

『SAUDADE(サウダージ)』−ポルトガル語で郷愁や哀惜、追慕を表す。異郷で想う懐かしい故郷、遠く離れた愛しい人、もう二度と帰らない青春時代への憧憬。哀しみ、切なさ、辛さ、愛しさ、美しさ、輝き。時に胸の奥で疼く痛み。時に目指さなければならない未来へと導く光。異邦人たちが集まるこの世の果てで一...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/25 (水) ~ 2009/03/27 (金)
劇場 昭和女子大学 人見記念講堂
出演 瀬奈じゅん、越乃リュウ、花瀬みずか、一色瑠加、桐生園加、他
作曲
脚本 稲葉太地
演出 稲葉太地
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 7,500円
【発売日】2009/02/21
S席 7,500円、A席 5,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/117/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『SAUDADE(サウダージ)』−ポルトガル語で郷愁や哀惜、追慕を表す。異郷で想う懐かしい故郷、遠く離れた愛しい人、もう二度と帰らない青春時代への憧憬。哀しみ、切なさ、辛さ、愛しさ、美しさ、輝き。時に胸の奥で疼く痛み。時に目指さなければならない未来へと導く光。異邦人たちが集まるこの世の果てで一人の男が感じるSAUDADE。様々な音楽から繰り出される歌や踊りを中心に、これらの心象風景を詩的な芝居の要素も取り混ぜながら描き出す。瀬奈じゅんの持つ魅力、孤高の中にある気高さ、対しての人懐こさ、そこに見え隠れする脆さや寂寥感、それ故より強く、強烈なまでに発せられるダイナミズムが溢れるショーアクト。
その他注意事項
スタッフ 『SAUDADE(サウダージ)』−Jにまつわる幾つかの所以−
作・演出/稲葉太地

[情報提供] 2009/02/19 15:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/28 00:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大