ミュージカル

月組公演 バウ・ミュージカルプレイ

二人の貴公子

宝塚歌劇団

宝塚バウホール(兵庫県)

2009/03/12 (木) ~ 2009/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

シェイクスピアの作品は長らく37作とされてきたが、現在では最近の研究成果により新たに3作品を加え、40作品がシェイクスピア作とされている。「二人の貴公子」は、この追加3作のうちの1作で、ジョン・フレッチャーと共著で発表されたものである。舞台は古代ギリシャ。テーバイ王クレオンの甥で従兄弟同士であ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/12 (木) ~ 2009/03/29 (日)
劇場 宝塚バウホール
出演 研ルイス、天野ほたる、龍真咲、綾月せり、光月るう、他
作曲
脚本 小柳奈穂子
演出 小柳奈穂子
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】2009/01/31
全席 5,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/124/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 シェイクスピアの作品は長らく37作とされてきたが、現在では最近の研究成果により新たに3作品を加え、40作品がシェイクスピア作とされている。「二人の貴公子」は、この追加3作のうちの1作で、ジョン・フレッチャーと共著で発表されたものである。舞台は古代ギリシャ。テーバイ王クレオンの甥で従兄弟同士であり、かつ親友同士でもあるパラモンとアーサイトは、テーバイの敗戦により捕虜としてアテネに連れてこられる。そこで牢獄の窓からアテネの王テーセウスの義妹、エミーリア王女を見た二人は、共に王女に恋してしまう。二人はその時から相手を裏切り者と罵り合う敵同士となり、遂には王女の愛をめぐって、命を賭した決闘を行うことになる……。愛と友情の間で苦悩する二人の青年を中心に、運命に翻弄される人間の姿を謳いあげた作品。
その他注意事項
スタッフ バウ・ミュージカルプレイ
『二人の貴公子』
原作/ウィリアム・シェイクスピア、ジョン・フレッチャー
脚本・演出/小柳奈穂子
河合祥一郎訳「二人の貴公子」(白水社刊)を参照

[情報提供] 2009/02/19 13:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/02/19 13:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大