Conclave

アレイホール(東京都)

2009/05/05 (火) ~ 2009/05/08 (金) 公演終了

上演時間:

1945年8月6日午前8時15分、ほんのわずかな違いが父と娘の生死を分けた。
舞台は原子爆弾が投下された三年後の広島。
福吉美津江は父・竹造と二人で暮している。あの日、生き残ってしまった事への強い罪悪感に苛まれる娘・美津江を想う竹造。ときに励まし、ときに叱咤し、美津江の心を慰めつづける。あ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/05 (火) ~ 2009/05/08 (金)
劇場 アレイホール
出演 中嶋しゅう、岡野真那美
脚本 井上ひさし
演出 池内美奈子
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売券 :3,000円 (税込) ※自由席
当日券 :3,500円 (税込)
サイト

http://www.stagegate.jp/performance/2007/chichito/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1945年8月6日午前8時15分、ほんのわずかな違いが父と娘の生死を分けた。
舞台は原子爆弾が投下された三年後の広島。
福吉美津江は父・竹造と二人で暮している。あの日、生き残ってしまった事への強い罪悪感に苛まれる娘・美津江を想う竹造。ときに励まし、ときに叱咤し、美津江の心を慰めつづける。ある時、美津江は原爆資料を集める青年木下と想いを寄せ合う。その恋を後押しする竹造。しかしピカの記憶はいつまでも美津江の胸に重くのしかかる。
 美津江は木下への気持ちを胸の内に隠したまま、遠い地へ姿をくらますと竹造に告げるが、竹造は怒り、そして静かに言葉を紡ぐ。
「気持はようわかる。じゃが、おまいは生きとる、これからも生きにゃいけん」――と。
その言葉を聞いた美津江は、遂に心の奥底に押し込めていたあの日の記憶を辿り始める。あの日、あの時、父の死を目の当たりにした自分の姿を……。
その他注意事項
スタッフ 作:井上ひさし
演出:池内美奈子
音楽:藤原道山(尺八奏者)
方言指導:大原穣子

[情報提供] 2009/02/17 14:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/12/10 00:43 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大